香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

鬼滅な日曜日

f:id:shusaku1:20201115011139j:plain


今日、トレーナーとの筋トレセッションの帰りに、

 

映画 『鬼滅の刃 無限列車編』 を観て来た。

 

吹き替えなしの日本語で上映され、

 

代わりに、広東語の字幕が付いていた。

 

しかし、

 

日本での人気とは裏腹に観客はまばらだった。

 

僕はと言えば、最近お伝えしているように、

 

愛に敏感になっている意識状態で観たからだろうか

 

もう始まった直後から、目頭がうるうるしていた。

 

f:id:shusaku1:20201115011127j:plain

 

この映画、

 

幸せな夢、意識の核、鬼(自我)、無限の場所、

 

と、コース兄弟を惹きつけるワードが満載で

 

実際この映画は、自我と意識、そして、

 

人間が見る夢のカラクリを描いた物語である。

 

 

鬼(自我)は、僕達に夢を見続けさせることで、

 

エネルギーを得て生きながらえている。

 

そのため、

 

僕たちを絶対に目醒めさせてはならないのだ。

 

ただ、夜が明け、太陽の光に照らされた瞬間、

 

さっきまであんなに強くて、絶対に死なず、

 

人間をさんざん痛めつけていた鬼(自我)が、

 

コソ泥のように逃げていくのには笑ってしまった。

 

 

それから、夢から脱出するには、

 

今見ている夢がどんなに幸せなものであっても、

 

夢を見ていることに気づいて、これはウソだ、と、

 

看破して、そこから去ってゆくことが大切である、

 

と物語は伝えていた。

 

f:id:shusaku1:20201115011216j:plain

 

最初は、色んなキャラの鬼と人間が出て来て、

 

どんどんぱちぱちやる物語かな、と思いながら、

 

アニオタの香港人の友人に誘われるまま、

 

見に行ったのだが、意識の事が語られていて、

 

最後はやはり、号泣してしまった。

 

 

多分、この映画がこんなにもヒットしているのは、

 

決して表面のストーリ的なものだけではなく、

 

きっと、人々の無意識を揺さぶる何かがある

 

のだと思う。

 

一緒に見に行った香港人アニオタの友人は、

 

感動のあまり、もう一回観る、と言いだした。

 

今から見る、と言うのでさすがに止めたが、

 

名ぜりふがたくさん出て来たので、

 

ぜひ僕も日を改め、

 

もう一度観に行きたいと思っている。

 

 

あ、そうそう。

 

もうひとつ、心に残ったシーンがあって、

 

それは呼吸についてのシーンだ。

 

呼吸のリズムを整え、それに集中することで、

 

破損した血管を修復するのだが、

 

僕も最近、背後の無限の全体に戻る際に、

 

呼吸ってすごく大事だと感じ始めていたので、

 

ああ、やっぱり、と思いながら観ていた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com blog.hoshitani-shusaku.com

 

『鬼滅の刃』は原作が漫画本で、

 

テレビアニメにもなっている。

 

登場人物も、本来はもっと多いらしいが、

 

映画に出てきたのは、

 

主要キャラの5人だけだったことが、

 

逆にすごくシンプルにメッセージが伝わり、

 

却ってよかったように思う。

 

だから僕は、

 

この映画だけでお腹いっぱいかな?

 

というわけで、

 

とっても優しい愛を味わった日曜日であった。