香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ハートの世界


↑証拠隠滅?

本来は沸山へ行く予定だったが、急きょ深圳の旧工場へ。

いよいよ財務室の引っ越しをする、と言うことで、ふぁちゃんが帳簿整理に奮闘していた。

古い帳簿類を処分するとき、掃除のおばさんの目がきらりと光ったのを見て、

即刻、僕の見ている前で焼却処分にするよう指示した。

見られてまずいことは何もないが、会計書類なので、廃品回収に売られたりすると困るのだ。

要らないキャビネットを横にし、保安員が二人がかりでガンガン紙を燃やしてゆく。


数か月前まで何百人と言う人たちが働いていたこの工場も、

とうとうふぁちゃんと保安員だけになってしまった。

燃え上がるオレンジ色の炎を眺めながら、この一年の間に兄貴と共に行った赦しを思い出し、

さまざまなものがこの炎と共に消去されていくような気がして、なんだか感無量、だった。


香港への帰り、タクシーがなかなかつかまらず、通りがかった輪タクに乗った。

50ccのバイクの後ろに幌付きの荷台を付けただけの輪タクは、

込み合う道路を、右へ左へとビュンビュン飛ばしながら走る。

もう少しで放り出されそうになるが、なぜか、すっごい喜悦の境地。


↑ぎえーっ、車の群れに突進してゆくーっ!こわいようー!

今日は〝いま、ここ〟で行くことにした。

僕にとっての〝いまここ〟は、ハートと共にあることだ。

ここのところハマっている〝起こってないごっこ〟と〝うそっぱちごっこ〟をしているうち、

ハートと共にいることが、とてもとても心地よくなってきている。

電車に乗っている時、誰かと話している時、暇さえあれば、じっとハートを観ている。

しばらくすると、ハートがたゆたう実相の世界が、いまここにあるような感覚になってきて、

どんなことでも、どんな人でも赦せるような気がしてきて、幸せな気持ちが込み上げてきた。


これからどうなるのか、楽しみだ。