香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛が見る夢

f:id:shusaku1:20201110183234j:plain

 

今日は、無性にハンバーガーが食べたくなり、

 

再び、仕事帰りにSHAKE SHACKを訪れた。

 

ダブルで頼もうと思ったが、色々味わいたいので

 

種類の違うバーガーをシングルで2個注文した。

 

ここのハンバーガーは本当においしい。

 

バンズもふわふわで、中の肉もとろとろである。

 

スマホ片手の〝ながら食い〟をやめ、しっかり、

 

今、ここに在る神を味わいながら食した。

 

ただ、

 

毎日食べるにはちょっと濃厚すぎるかな?

 

f:id:shusaku1:20201110183251j:plain

 

話は変わって、

 

誰かのことを素敵だなあ、カッコいいなあ、

 

と感じる時、本当は自分のことを、

 

素敵であり、カッコいいと思っている。

 

なぜなら、自分の中に、相手と同じ、

 

素敵でカッコいい要素があるからこそ、

 

相手のことを、素敵だなあ、カッコいいなあ

 

と感じられるからである。

 

なので、性別に関係なく、誰かを見て、

 

素敵だなあ、カッコいいなあ、と感じたら、

 

それが、自分の中に、もともと存在していた

 

〝神〟であったことを思い出す。

 

これは人だけではなく、例えば、

 

自身の愛車に惚れ惚れしたり、

 

素敵な服を見てテンションが上がるのも、

 

自分の中に存在している〝愛の想い〟が

 

反応して惚れ惚れしているのであり、

 

自分の中にある神を、素敵だなあ、

 

と感じてテンションが上がっているのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

いずれにせよ、歓びを感じている時は、

 

神を感じて歓んでいるので、

 

抵抗を止めて素直に歓ぶようにしている。

 

 

そうすることで、自分の中に愛が充電され、

 

本当の自分(無限の全体の自分)が、

 

神と同じ愛そのものだったことを知るのだ。

 

やがて、世界が、人々が、愛で輝き始める。

 

比喩ではない。

 

これはもう、本当に輝いている。

 

だって、神の子が見ている夢なのだ。

 

幸せに輝いていて当然だ。

 

shusaku1.hatenadiary.jp