香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

立春いろいろ

f:id:shusaku1:20210210120843j:plain

 

 

今日から仕事始めである。

 

久々に家の外へ出た。

 

春節明けの一日目の出勤日に、上司は部下に、

 

赤い袋に入れたお年玉を渡すのが恒例行事で、

 

今年も袋にHK$500(約7500円)を入れ、

 

エドワードに渡そうと持って行ったのだが、

 

全然彼が出社してこない。

 

しばらくして、

 

彼が住むマンションからコロナ感染者が出たため

 

そのマンション一棟が、まるごと封鎖された、

 

という知らせが入った。

 

それで、彼も強制PCR検査を受けさせられ、

 

さっき陰性が確認された、ということだった。

 

ふぅー、もし彼が陽性だったら、

 

俺も絶対アウトだったよ。

 

明後日からようやくジムが解禁だというのに、

 

もう、カンベンしてくれよ…。

 

 

f:id:shusaku1:20210215211210j:plain

 

 

それから、日本へ帰任することが決まっていた

 

もう一人の日本人の同僚だが、

 

先週辞表を提出し、3月で退職することになった。

 

そう、あのコーヒーカップ事件の彼だ。

 

最初は、娘さんの日本の高校進学に伴う帰任だ、

 

ということだったが、これを機に仕事を辞め、

 

しばらく日本でゆっくり過ごしながら、

 

別の生き方を模索してみることにしたという。

 

    

    f:id:shusaku1:20210215211226j:plain



 

この件については、

 

前から相談され、色々話はしていたが、

 

彼は典型的な保守的サラリーマンだったので、

 

このご時世、高校生と小学生の子供を抱え、

 

まさか会社を辞めるとは思ってもみなかった。

 

しかし、彼から「もう、疲れました」と、

 

ぽつりと言われた時にはすごく納得できた。

 

 

ひょっとして、

 

僕が、本質の神のフォトンを飛ばし過ぎた?

 

それが彼にも影響を及ぼしたのだろうか?

 

いやいや、

 

彼は自分の内なる声に正直に耳を傾け、

 

彼にとっての真実の場所へ向かうのだ、と、

 

力強く〝自分で〟決めたのだ。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうやって、

 

自由に人生の選択をしてゆく兄弟を見ていると、

 

僕まですごくワクワクしてくる。

 

そうなのだ。

 

自分はすでに、完璧に神から愛され、赦され、

 

全肯定されている存在なのだ。

 

だから、決して、こうである必要などなく、

 

何も恐れることなどない。