香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

主軸は自分(6月9日)

f:id:shusaku1:20210606023814j:plain

 👆 若者はいつの時代も頑張っている!

   背後を行く警官がなんか象徴的 

 

 

 

(この記事は6月9日当時に書かれたものです)

 

新しい職場では、部下が二人できた。

 

二人とも女性で、一人は在籍20年のベテラン

 

(40歳/独身/細身の美人/人見知り激しい)と、

 

在籍三年のずけずけタイプ(35歳/独身/デブ)で

 

僕は、性格が真逆な二人の上司となった。

 

 

で、入社したころ、このずけずけタイプの部下が、

 

僕が話す広東語に対して、そんな言い方しない、

 

とか、これはこういう風に言うのが正しい、と、

 

やたら僕の広東語に難癖をつけてきた。

 

以前の僕なら、

 

ネイティヴな香港人の部下を前にして、

 

ちゃんとした広東語を話さねば、とか、

 

間違わないように話さねば、と思っていたが、

 

ここは自分が創った夢の世界であり、

 

主人は自分である、と言う感覚の中で、

 

僕は彼女に、

 

「これが僕の広東語を話す際のスタイルです。

 

 だから僕は、

 

 正しい広東語を話そうとも思っていないので、

 

 今後は、どうしても意味が聞き取れない、

 

 というときだけ僕に質問してきてください」

 

と言い放った。

 

 

そうなのだ。

 

それが正しいかどうかは、他人の基準ではなく、

 

自分の基準で決めなければならない。

 

たとえ自分以外の全員がおかしいと言っても、

 

その〝おかしい〟と言っている脇役たちを

 

登場させたのは自分なので、

 

自分が違うと思えば、ノーと言えばいいのだ。

 

僕たちは、自分が創ったものに操られてきた。

 

自分が創った夢のストーリーに怯えている。

 

これからは自分が、自分の世界の基準である。

 

 

f:id:shusaku1:20210606023824j:plain

 

 

その後、このずけずけタイプは、

 

一切僕に何も言ってこなくなった。

 

上司だからと、力でねじ伏せたのではなく、

 

上司として、僕が凛として立ったから、

 

彼女も僕を上司として扱うようになったのだ。

 

 

自分が人から大切に扱われたかったら、

 

先ず人を大切にしなさい、とよく言われるが、

 

僕に言わせれば、

 

先ず自分を大切にしろ、である。

 

ずけずけ言ってくる相手を大切にする前に、

 

先ずは、ずけずけ言う相手に、

 

はっきり〝ノー!〟を突きつけることで、

 

自分を大切にしてやるのだ。

 

世界は自分が創っているので、

 

自分が主軸になると、相手は従わざるを得ない。