香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ワクチン打った

f:id:shusaku1:20210718042942j:plain

 

 

先週、コロナのワクチンを打ちに行ってきた。

 

本当は、あまり気が進まなかったのだが、

 

ワクチンを打たないと、日本へ帰国した際、

 

父が入院する病院へ入れてもらえず、

 

(今年の夏は越せないだろうと言われている)

 

それに、ドイツのビオンテック社製のワクチンは、

 

8月で香港の在庫がなくなるため、

 

それで急いで予約を入れたのだった。

 

(中国のシノバック製は打たない方がいいって

 

聖霊兄貴が言ってたから… ← うそ!)

 

まあ、コロナワクチンに関しては、

 

チップが埋め込まれる、とか、DNAが変えられる

 

といった陰謀論説が巷にバッコしているようだが

 

実際に打ってみた感想としては、

 

インフルエンザワクチンと同じといったところか。

 

 

接種は、

 

僕の家から歩いて三分ほどのところにある、

 

クイーンエリザベス体育館で受けた。

 

ネットで、自分の身分証番号とケータイ番号を

 

登録すれば、前日スマホにメッセージが来て、

 

当日は、スマホのメッセージと身分証を見せれば

 

後は、本人確認→簡単な問診→接種、となり、

 

本当に20分ほどで簡単に終わってしまった。

 

 

f:id:shusaku1:20210718042751j:plain

 

 

それにしてもIDカードって本当に便利だと思う。

 

数字で政府に管理されるのは嫌だ、

 

という日本人も多いけれど、

 

本人確認が容易だし、出入国も10秒で済むし、

 

ID番号と、銀行口座と、スマホの番号が

 

紐づけされているので、政府の補助金も、

 

年金も、面倒な手続きなしに受け取れる。

 

それに、犯罪者の身元割り出しも容易で、

 

犯人もすぐに捕まる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうして最後、

 

接種証明書を受け取り、会場を後にした。

 

身体的には、

 

注射を打った方の腕が筋肉痛になったくらいか。

 

二回目の接種は3週間後である。

 

 

ワクチンを二回打った人は、

 

ジムでは、マスクなしで筋トレしてよいらしく、

 

いそいそと家へ帰ってきた。