香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自責型と他責型

f:id:shusaku1:20181128221419j:plain

↑ 東京と言えば新宿、新宿と言えば藤圭子、

   これはどんなことがあっても変わらない真理なのだ! 

 

東京出張二日目の夜は、仕事を終えた後、

 

兄弟てっちゃん、さおちゃん、と新宿で食事をした。

 

先ず、イタめし屋で食事をしながら語り合い、

 

その後、ホテルのラウンジで、

 

ウイスキーのロックを飲みながら語り合い、

 

それから、カフェでワインを飲みながら語り合った後、

 

椿屋珈琲で朝の5時まで語り合った。

 

 

二人は、先日、乙女ののりちゃんが主催する、

 

カースティンのリトリートに参加しており、

 

兄弟てっちゃんはその時の事を色々教えてくれた。

 

 

彼にとっては、感動のリトリートであったらしく、

 

特にカースティンが、何かを教えるわけでもなく、

 

また、コースの何かについて語るわけでもなく、

 

相手の傍らで、ただ、愛で寄り添っている姿を見て、

 

リトリートとはこういうものだったのか、

 

と、はじめて理解できたのだという。

 

 

僕も、この〝寄り添う〟という言葉が深く入った。

 

「これはこういうことなんだよ。」という答えや、

 

「そうか。そうか。苦しかったね。」

 

といった慰めも必要なく、ただ、相手の心に寄り添う。

 

それだけで相手は癒され、自分も癒されてゆく。

 

f:id:shusaku1:20181128221420j:plain

 

ただ、カースティンのコミュニティでは、

 

聖霊に一致させて24時間動くのが基本らしく、

 

例えば、掃除をしているときに、

 

聖霊から別のメッセージが入ってくれば、

 

たとえ掃除が途中でも止めて別の方へ動いたり、

 

カースティンなんかも、聖霊からの指示があれば、

 

リトリートの途中でも眠ってしまったりするらしい。

 

それでも、最後には、ああ、こういうことだったのか、

 

という、完璧な聖霊の采配を見せられるのだという。

 

 

この話を聞いた時、

 

アンフィニをやっていた頃の自分を想い出した。

 

あの頃は、食事するレストランひとつ選ぶのにも、

 

本当の自分に一致させ、100%のワクワクで動く。

 

例えば、予約していたホテルの部屋に入って、

 

ここは100ではないと感じたら部屋を変える、とか。

 

もしそのとき、

 

変更不可だったらどうしよう、追加料金はどうしよう

 

というのが出てきたら、それを手放して統合する。

 

 

僕の場合は、聖霊に繋がると、

 

全てが100%聖霊の世界になってしまうので、

 

何を見ても、そこに感謝と愛と無罪性しか見れない。

 

その中では、誰が何をしていても実相の反映となり、

 

従って、聖霊に一致〝させた〟結果、

 

掃除を止めるとか、シェアの途中で眠ってしまうとか、

 

ホテルの部屋を変える、などということは、

 

僕には絶対にあり得ない。

 

なぜなら、掃除を最後までやり遂げたとしても、

 

選んだホテルの部屋で金縛りに遭ったとしても、

 

やはりそれも、完璧な聖霊の采配だと知覚されている。

 

それに、聖霊に訊く、ということは、

 

訊いている個の自分がいる、ということになる。

 

 

ていうか、上記のような訓練は、

 

アンフィニで散々やってきたようなので(笑)、

 

もう今の自分には必要なく、卒業だと思っている。

 

 

それと、

 

個の自分を手放し、徹底して聖霊に訊いて動く、

 

というカースティンのコミュニティのやり方は、

 

契約と個人主義が徹底され、他者に問題があるとする

 

他責型の人が多い西洋社会では、

 

有効なメソッドなのかも、と思ったりする。

 

 

しかし、例えば、

 

自分に対して機嫌の悪そうな態度を取られた場合、

 

ひょっとして自分のせいなのか、と思ってしまうような、

 

自責型の日本人が彼らと同じようにすると、

 

聖霊に一致して動けない自分を責めてしまい、

 

頑張りすぎてへとへとになってしまう。

 

 

どちらが良い悪いと言うのではなく、

 

奇跡講座は基本的に西洋で出版され、

 

西洋人向けに書かれているので、

 

なんでもかんでも、そっちに合わせてしまうと、

 

シンドイ思いをする羽目になる。

 

↓ 他責型自責型の関連記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

まあ、これも、又聞きの話なので、

 

僕が誤解している部分も多々あると思われ、

 

今後は、それぞれが、それぞれのプロセスの中で、

 

ちゃんと修正が起きてゆくのだろう。

 

 

で、朝五時頃、

 

新宿の駅でふたりと別れ、ホテルに戻った。

 

その後、三時間くらい眠って、成田空港へ向かった。

 

 

今日から上海。

 

大金を動かしに行く。