香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

上海いろいろ

f:id:shusaku1:20181129180936j:plain

 

晩秋の上海である。

 

中国の都市の中でも上海は、

 

特別瀟洒で芸術的な都市だと言える。

 

街ゆく女の子たちも、柔和で清楚な魅力に溢れている。

 

そう言えば、彼女たちのコンサバ的ファッション感覚は、

 

どことなく神戸の女の子に似ている。

 

なので、上海は、コンサバお嬢様系大好きな僕には、

 

たまらない都市でもあるのだ。(笑)

 

 

ゴホン、閑話休題。

 

ということで、この日は、

 

中国工商銀行で、会計事務所の女の子と待ち合わせ、

 

配当金の送金手続きを行なった。

 

そこでは、会計事務所の女の子の言うがまま、

 

ここにハンコ押して、と言われればハンコを押し、

 

ここにサインして、と言われればサインをし、

 

IDを見せろ、と言われれば、IDを取り出し、と、

 

大の字に寝て、もうどうにでもしてくれ、状態であった。

 

途中、この書類がなければ送金はできませんよ、

 

と言い始めた銀行スタッフに、会計事務所の彼女が

 

食い気味にまくし立て、そのまま押し通してしまった。

 

結果、無事送金手続きを終えることができた。

 

 

送金をひとつ実行するのに、3時間くらいかかった。

 

というのも、共産党の幹部たちが、国内の外貨を、

 

大量に海外へ持ち出しているのが発覚して以降、

 

外貨管理局のチェックがとても厳しくなり、

 

海外送金がますます難しくなりつつあるのだ。

 

 

LINE、FACEBOOK、ツイッター、YOUTUBE、など、

 

世界との繋がりが遮断され、スピ系の活動も、

 

それが共産党思想を脅かす存在と見做されれば、

 

国家転覆罪に抵触するとして、即禁止、逮捕となる。

 

決して大げさに言っているのではない。

 

実際、信条的理由で突然姿を消す人たちが大勢いる。

 

 

それでも、僕は、自分の心の中(現実世界)に対して、

 

無罪を差し出すだけだ…。

 

f:id:shusaku1:20181128221450j:plain

 

夜は、上海で働いている台湾人の友人と食事をした。

 

会うのは一年ぶりだ。

 

彼は長年、上海に拠点を置く台湾系の会社で、

 

食品開発の仕事をしていたのだが、上司といろいろあり、

 

先月末でその仕事を辞めたのだと言う。

 

本当は台湾で就職したいらしいが、

 

現在の台湾は経済が低迷しており、

 

課長クラスでも給料が20万円ほどしかないという。

 

上海の現地採用の仕事だと給料は多いが、

 

台湾の保障制度がうけられなくなる。

 

昨日も、ひとつ面接を受けたのだが、

 

どうやら今回はご縁がなかったようだ。

 

なんだか、数週間前の僕と境遇が似ている。(笑)

 

 

話をしながら、ただ、彼の無罪性に〝寄り添う〟。

 

だって、俺の心の中(現実世界)に顕われてきた彼は、

 

神の子として開放されるに値するから。

 

f:id:shusaku1:20181128221429j:plain

 

寄り添う、と言えば、

 

赦し、と言っても、人それぞれいろんな赦し方がある。

 

僕のように、次々に無罪を差し出す人もいれば、

 

ただ祈る、と言う人もいる。

 

また、相手を通して自分の中に出てきた感情を、

 

手放し明け渡すことを実践している人もいるだろう。

 

 

そのひとつに〝寄り添う〟というのがある。

 

例えば、

 

相手は絶対間違ってる、だから関わりたくない、

 

あのしゃべり方、あのしぐさ、あの態度、全部イヤ、

 

みたいな相手がいたとする。

 

(まあ、そこまでの人はそんなにいないと思われ…。)

 

それでも、そんな時こそ、自分の主張を全て脇へ置き、

 

きぃーっ、となりながらも、無理くりにでもいいから、

 

相手は100%間違っていない、

 

相手のほうが自分の主張よりも正しい、

 

相手の言っている事、全てがオーケー、

 

という眼差しで見つめてみる。

 

それが、僕にとっての〝寄り添う〟である。

 

 

ただ、誤解を避けるために言うならば、

 

それは、自分の方が間違っている、ということでも、

 

相手が行なった表面的な行為自体を正しいと見る、

 

ということではない。

 

ただ、その人の根底にある〝正しい心〟を観る。

 

 

顔を見るのも嫌な相手が言っている事を正しいとする、

 

というのは、すっごく難しいことのように思えるが、

 

そこは〝根性〟で大気圏突破を図れば、何とかなる。

 

 

と、上手く言えないのだが、今回の出張では、

 

そういった、寄り添う赦しを、

 

兄弟から学んだ一週間だった。