香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

未確認生物がいっぱい

f:id:shusaku1:20181222231702j:plain

↑ 実家近くで祀られているキリシタン地蔵

 

大阪の実家でうだうだしている。

 

それでも先週の金曜日は、

 

人で混みあう三連休の前に、ということで、

 

朝から、散髪へ行き、銀行へ行き、

 

ゴールドジムで筋トレをし、大学時代の友人に会い、と、

 

いろいろやった一日であった。

 

こういう、家の周辺をあちこち飛び回るのって、楽しい。

 

いつでも家に帰って来られるから…。

 

 

まず、家の近所の床屋で、

 

今、流行りの滝廉太郎カットにしてもらった。

 

音楽の教科書に載ってる『荒城の月』の滝廉太郎である。

 

髪の分け目を剃刀で、5mmほどの太い線にし、

 

両端をバッサリ刈り上げたあと、ジェルで整える。

 

これで丸メガネ(僕の場合老眼鏡)を掛ければ、

 

明治維新の人みたいになる。

 

いま、七三分けが流行っているらしい。

 

 

ジムでは、胸と肩を集中的に鍛えた。

 

筋肉をデカくするために一生懸命食べていたのだが、

 

ここのところ忙しくて少し痩せてしまった。

 

もりGさんからも、母親からも、痩せた?と訊かれたし…。

 

 

その後、大学時代の友人と会ったあと、

 

梅田のカフェでひとりパソコンを打っていた時、

 

またまた、大きな知覚の変容が起きた。

 

f:id:shusaku1:20181223104521j:plain

↑ ちんこすこうの中にカルタが入っていた。

   この他にも、寝耳にちんこ、とか、

    出るちんこは打たれる、とか、

      身から出たちんこ、と、いろいろあるらしい。

 

〝肉体としての誰か〟が完全に消失してしまった。

 

別の言い方をすれば、

 

肉体の中に〝誰か〟を見い出せなくなってしまったのだ。

 

 

どういうことかというと、

 

自分の父母、会社の同僚、コース兄弟、道行く人々、など

 

これまで、そこに確固たる個性とアイデンティティがある、

 

と信じて接してきた誰々さんが、

 

本当は、ただ表面的に、笑ったり、動いたり、喋ったり、

 

何かをしているだけの〝生物的存在〟に見える。

 

 

これまでは、その人が幻想だ、と理解していながらも、

 

それでもやっぱり、もりGさんはもりGさんであり、

 

もりGさんという固有の人格と意識をもった人物が、

 

そこに存在する、として話していた。

 

 

それが突然、

 

目の前の誰々さんという肉体の中には何も無く、

 

自分の母親の肉体と接していても、

 

真の母親の魂や生命がごそっと抜け落ちている。

 

ただ、母親のように振る舞っている何か、がいるだけ、

 

と知覚される。

 

 

確かに、先週の沖縄リトリートが終了するくらいまでは、

 

相手は自分の心の中に顕われた自分である、

 

と理解しながらも、 

 

まだ、コース兄弟の誰々さんがあーした、こーした、と、

 

肉体としてのその人をリアルに感じて話せていたが、

 

それが今では、何とかさんという個人が消失し、

 

実体のない存在となってしまっている。

 

f:id:shusaku1:20181220004345j:plain

↑ 商店街が好き! 

 

それにしても、数日単位で見え方が変わってゆく。

 

今年10月の一瞥体験で、

 

〝自分も世界も無かった〟という理解が起こり、

 

その後、見えているこの世界が、

 

〝自分の心の中そのものだった〟ことを悟り、

 

続いて、自分の心の中に顕われる兄弟たちに、

 

次々と無罪を差し出していくうち、世界が変容を起こし、

 

そして先週、この夢の世界全部を聖霊に返した途端、

 

全てがここにあった、自分はここに全部持っていた、

 

と智る体験が起こった。

 

それで今回、肉体としての兄弟すらでっち上げで、

 

ただの〝口パクぜんまい仕掛け人間〟だったことを

 

〝真に〟実感するに至った。

 

 

多分、これからも僕は、

 

普通に誰かと話し、行動し、交流を続けてゆくだろう。

 

しかし、もうそこに、名前を持った誰々さんは存在しない。

 

そう言えば、数年前にも、

 

これに似たような感覚を覚えたことはあったが、

 

今回のは、この時よりもっと強烈で、確固としている。

 

肉体から完全にその人が脱落し、消失してしまっている。

 

肉体は幻想だ、肉体としてのその人は存在しない、

 

などと、普段言いながらも、

 

バリバリ肉体の〝その人〟を、誰々さんだとして話していた。

 

なんのことはない。

 

僕たちは、騙されていたのだ。

 

↓ 以前の体験記事はこちら ↓ 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com