香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

みんなで越えるぜ!

f:id:shusaku1:20190101021137j:plain

↑ 「ああー、来るぅーっ!」

  今年の紅白でもちゃんと〝越えて〟くれました。

 


先日、歯のホワイトニング(漂白)に行って来た。

 

ホワイトニングの前には必ず、

 

歯石を取り、虫歯も治療するので、歯の健康にもよい。

 

前回やったのが4月で、8カ月が経過していたが、

 

あれだけ、赤ワインとかコーヒーを飲みまくっていたのに、

 

ほとんど変色はなく、治療後は、前回より白くなった。

 

全部やってもらって一万五千円だった。 満足っ!

 

f:id:shusaku1:20190101021133j:plain

↑ 「いくぅーっ!」

   今年は〝トリ〟だったからか、越え方が半端なかった

 

大阪の実家では、仕事もオフで、静かに過ごせたため、

 

ずっと、自分の内側と向き合う赦しをしていた。

 

また、実家にいることもあり、赦しのきっかけとなるのは、

 

やはり、両親へのイラッ、である。

 

 

例えば、母は電気代の節約にうるさい。

 

電気を食うから、とテレビのコンセントもその都度抜く。

 

僕は寒かったら部屋中の暖房を点けっぱなしにする。

 

暖房を消して、そのくせぶるぶる震えている母に、

 

イラッとした僕は、一万円をポンと投げつけ、

 

滞在中は好きなだけ暖房を使わせてもらう、と宣言した。

 

それでも、親子というのは、

 

ダイレクトに感情をぶつけ合っても、すぐまた、

 

普通に笑い合い、仲良くできるから不思議だ。

 

 

しかし、こんなとき、この〝ふっ〟と湧き上がる想いを、

 

内なる決断の主体まで戻し、そこで何がなされているのかを

 

認識してゆく作業はとても大切だ、と思う。

 

 

セコくて頑固な母にイラッ→金で解決の自分にイラッ→

 

イラッの元ネタは、天国から離れたという想い込みだった

 

→本当は天国へ帰りたい→自分は神が大好きだったんだ

  

と、そこまで遡ったあと、神へのとてつもない愛を見つめ、

 

その裏返しである想いを聖霊へと捧げてゆく。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

結局、全てのイラッや、びゅんびゅんや、ドキドキは、

 

父が待つ故郷へ帰還したいという想いの裏返しだった。

 

以前、沖縄リトリートで、内側をどんどん遡ってゆくと、

 

どんな赦しも、最後は、父が待つ故郷へ還りたい、

 

という想いへ行きつく、と、どなたかが言っていたが、

 

ほんとうにそうだな、と改めて実感した。

 

f:id:shusaku1:20190101021127j:plain

↑ 越えたっ!

 

とまあ、こんな感じで、最近の僕は、

 

どこかへ出かけて、何かを見たり、したりするより、

 

内なる自分(聖霊)と向き合っている方が、平安で楽しい。

 

全ての問題は〝そこ〟へ運ばれ、解決される。

 

だから、自分が抱える全ての問題を、

 

聖霊に解決してもらうことを全面的に意志してゆく。

 

 

〝聖霊が問題を解決する時、その答えは常に、

 

 誰も損失を被ることのない答えである〟

 

(※『奇跡講座』 第25章 神の正義より)

 

f:id:shusaku1:20190101021145j:plain

↑ フィニッシュ!

 

というわけで、

 

謹賀新年、明けましておめでとうございます。

 

幻想としての僕の2019年は、

 

これまで良しとしていたものが根底から覆えされそうな、

 

まったく予想もしなかった場所へたどり着きそうな、

 

そして最後には、兄貴の采配に感動の涙を流すような、

 

激動の一年となりそうである。

 

それでも兄貴は、僕を怖がらせたり、僕に代償を求めたり

 

僕を傷つけるような事は絶対にしないという確信がある。

 

 

なので、今年も、兄貴と兄弟に信を置き、

 

問題を全て兄貴に運んで、解決してもらいながら、

 

故郷への帰途を歩んで行こう、と意志している。

 

 

あ、それと、あとは、引き寄せの法則を使い、

 

芥川賞を獲ってベストセラー作家になり、

 

夢の印税生活を送ることです。

 

(↑ ウソぴょん!← ちょっとホント…)

 

↓ 過去の天城越えの記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com