香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自衛隊員か、それともマグロを捕る人か

 

f:id:shusaku1:20190115130701j:plain

 

〝ケネス・ワプニック博士は、こう言います。

 

 あなたが、

 

 「この世界はなんて素晴らしい世界なのだろう!」

 

   と思っているとしたなら、それは、

 

  「神のいない世界はなんて素晴らしい世界なのだろう」

 

   と言っているのであり、

 

   その自分は狂っているのだと自覚しなさい、と。〟

 

(※もりGさんのブログ『Joy&Happines』より引用)

 

↓ 引用させていただいたもりGさんの記事はこちら ↓

morig2016.blog.fc2.com

 

ということは、逆に言えば、

 

今、苦しみの真っ只中に在って、

 

「この世界はなんて狂っているのだろう!」

 

と思っているとしたら、それは、

 

「神のいない世界はなんて狂っているのだろう。」

 

と、正気への入り口に立っている、ということになる。

 

f:id:shusaku1:20190115130719j:plain

 

二年ほど前まで(←訂正、半年ほど前まで)、

 

もし、今回の帰還に失敗して、次の来世があるとしたら、

 

なにがなんでも専業主婦に生まれ変わる、と決めていた。

 

それで、旦那は、盆と正月にしか帰ってこない、

 

マグロを捕る遠洋漁業の人か、 もしくは、

 

パレスチナへ長期派遣された自衛隊員の人で、

 

次の帰任は三年後、下手をすれば帰ってきません、

 

みたいなのがいいと…。

 

(※地方公務員の夫なんて絶対に論外。

 

       毎日定時で帰ってくるし、土日も家にいる。)

 

 

そうして、観葉植物に囲まれた静かなリビングのソファで、

 

ダージリンを飲みながら、奇跡講座のページを繰りつつ、

 

床を這う一匹の蟻を赦す毎日を送るのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

当時、鼻をほじりながらこんなことをほざいていると、

 

「ふざけんな。

 

 専業主婦がどれだけ大変か分かってんのかっ!」

 

と、乙女ののりちゃんに叱られた。

 

まあ、今だったら、それでは天国へは戻れない、

 

と理解できる。(←遅っ!)

 

 

もりGさんもブログで書いているが、要するに、

 

この世界の幸せで妥協するのをやめなさい、

 

この世界を越えて行きなさい、ということなのだ。

 

 

ああ、やはり、地獄経由、かあ。

 

それも、地獄と思っていたのは、本当は天国だった、

 

というオチつきで…。

 

f:id:shusaku1:20190119191624j:plain

 

そんなわけで、もう、

 

この世界で幸せにならなくてもいい、と思っている。

 

それは、この世界では絶対に幸せにはなれない、

 

ということが腑に落ちて解かっているからだ。

 

妥協なく、確固として、この世界を超えてゆく。

 

いま、まさに僕は、そのギリギリのラインに立っている。

 

しかし、まだ、ほんの少しだけためらいが残っている。

 

それでも、ラインの外へ足を踏み出すのは時間の問題だ。

 

父と天国とハートしか求めないと決断するのだ。

 

神や聖霊を幻想の中へ持ち込むこともしない。

 

ニセモノはもう必要ない。

 

夢の日常生活も含め、中途半端を止めるのだ。

 

 

ワプニック氏の言葉が、僕の背中をガンガン後押しする。

 

もう一回、誰かに人差し指で背中をちょん、とやられたら

 

あぁ~れぇ~、と、完全に神側へ逝ってしまうと思う。

 

 

というわけで、もりG兄弟、このお役目、任せました!