香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝わたし〟が消える日

f:id:shusaku1:20190115130721j:plain

 

「もう、自分にできることは何もありません。

 

 自分が、どうして、ここで、こんなことをしているのか

 

 ということすら、私はわかっていません。

 

  わたしは狂っているのです。

 

  だから、わたしには何も分かりません。

 

    いま、わたしはそれを認め、受け容れます。 

 

    なので、ぎゅっと握って離さなかった執着の拳も、

 

  反射的に攻撃の想いを抱いてしまう心も、

 

  そのままにして、全てあなたに捧げます。

 

  赦しも、明け渡しも、もう自分でやることはありません。

 

  今後、あなたに完全に従います。

 

  一切の抵抗や、もがくことを止めます。 

 

  全て任せますので、どうかよきようにお計らい下さい。」

 

 

いまの僕はもう、

 

完全J兄貴に白旗降伏状態となりつつある。

 

なぜなら、どんなに自分が正気でないか、

 

自分の判断がいかに的外れで間違っているか、

 

また何より、この自分が幻想の一部であったことが、

 

ありありと見えてきたからだ。

 

元来、消えてゆく姿でしかない無の自分が、

 

特別で何でも仕切れる存在である筈がない。

 

 

なので、そのことに、完全に気づいてしまったなら、

 

解決せねば、と思うどんな事が起こったとしても、

 

また、誰かを攻撃して、罪悪感にさいなまれたとしても、

 

自分を攻撃して、病苦の痛みにさいなまれていたとしても、

 

「はい。私は神の代わりに自分を攻撃して、

 

 ハートのエクスタシーを病苦の痛みに変え、

 

 ひとりのた打ち回っていました。

 

 いま、そのことを全面的に認め、受け容れます。

 

 でももううんざりなんです。

 

 もうどうなってもいいですから、

 

 J兄貴のいいようにしてください。」

 

と心からの降伏を捧げるしかない。

 

 

そうなると、

 

私を導いでくださいという祈りでさえ、

 

たんなる自我からの〝指示〟だったと解かる。

 

知覚の修正をして〝わたし〟を正気に戻してください、

 

という〝懇願〟ですら、自我の〝要求〟だったのだ。

 

 

ある偶然から様々な出来事がシンクロし、その結果、

 

思いもよらなかった素晴らしい共振の起こることが、

 

聖霊の采配なのではない。

 

そもそも、

 

何が聖霊の采配かさえ、今の自分には全く解らない。

 

その事実を認め受け容れた時から正気の一歩が始まる。

 

 

ここまで書いて、自分のやってることはなんだか、

 

麻薬患者の更生プログラムみたいだ、と思った。

 

麻薬中毒患者は自分で中毒を治せると思っているが、

 

実際、それは不可能だ。だって、中毒なんだから…。

 

f:id:shusaku1:20190115130658j:plain

↑ これらの窓一戸一戸が1億円、

  という中毒患者の幻覚 

 

というわけで、

 

旧正月を間近に控え、香港も慌ただしさを増しつつある。

 

まあ、このまま行けば、の話だが、

 

僕も、春節が明ければ、香港を引き払う準備を始める。

 

家具を処分し、東京で部屋を探し、引越しの手配をする。

 

それさえも、もう、自分にはなにも分かりませんので、

 

J兄貴、よきようにお計らいください、しかない。

 

寂しさも、名残惜しさも、不安も、恐怖も、

 

そのままにして兄貴の前に大の字になる。

 

そこに、なんの要求も置かない。

 

要するに、もう、この夢の世界でどうにかなる事を、

 

心底望まなくなっている。 

 

 

そんなわけで、今回の春節(旧正月)は、

 

降参しきった自分と、静かに過ごすことになりそうだ。

 

 

↓ 混沌の法則関連の記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

こうやって過去の記事を振り返ってみると、

 

どうやら僕の2015年は殺意の年だったようだ。

 

しかし、この地獄経由の中で自分の狂気を見つめ、

 

それでも神を求めてきたからこそ、

 

今の完全降伏があるのだな、

 

と感慨を新たにした今日この頃である。