香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖霊上海

f:id:shusaku1:20190219090319j:plain

 

映画『アメイジング・ジャーニー』が、

 

WOWOWシネマで再放送されていたので、

 

PCにダウンロードし、上海へ向かう飛行機の中で観た。

 

今回、二年前に見た時とは全く違った気づきを、

 

この映画から受け取った。

 

 

「明日、ここに植えたい特別なものがあるの。

 

 だから穴を掘り、周りの植物の根を掘り起こす。

 

 あたらしいものの邪魔になるから。」

 

 

聖霊役のサラユーが、美しい花々が咲く花園の一部を、

 

鍬で掘り起こすシーンで発したセリフは、

 

香港というアイデンティティを手放そうとしている僕に、

 

新たな勇気と感慨をもたらした。

 

f:id:shusaku1:20190219090312j:plain

 

その他にも、

 

 

「神から離れる自由が人間にあるなら、悪は入り込む。

 

 だから、私達と一緒の方がうまくいく。」

 

 

「人間が神を演じようとするせいよ。

 

 そんな存在じゃないのに…

 

 このカオスなお花畑自体があなたよ。」

 

 

「パパ、俺はあなたを責めてた。謝ります。」

 

「周囲を見回して。道のりを楽しむのを忘れないで。」

 

 

当時は素通りしていた言葉が、ズンズン胸に迫る。

 

f:id:shusaku1:20190219090336j:plain

 

この日は、乱気流で飛行機が始終、激しく揺れていた。

 

そのため、機内サービスが何度も中断された。

 

そして、機体が一瞬、下へすとんと落ち、きゃーっ、と、

 

機内で悲鳴が上がった瞬間、

 

決して咎めない聖霊の優しい愛の感覚が、

 

僕の体内に、パッ、と入って来て居座ったのを感じた。

 

 

これまでどこか別の場所にいた決断の主体を、最近、

 

自分の肉体の内部に感じるようになってはいたが、

 

その決断の主体の中にある聖霊(正しい心)の部分が、

 

常に僕と一緒にいて、行動を共にしてくれていることを、

 

このときはっきり自覚したのだ。

 

 

聖霊はいつも一緒にいて、僕の呼び声を待っていた。

 

そして、いま、聖霊兄貴が、溢れるような悦びと共に、

 

僕の中で飛び跳ねている。

 

聖霊と一緒に世界を眺め、彼と一緒に世界を赦してゆく。

 

そこには、咎めたり、裁いたりすることは一切ない。

 

パパやサラユーたちのような穏やかな愛の存在を、

 

自分の中に発見して、それからはずっと〝そこ〟にいた。

 

 

これは僕の私見だが、

 

乱気流で機体が急降下した一秒ほどの間、

 

僕の心が一瞬真空状態となり、思考が止まったので、

 

その隙をついて聖霊が入ってきたのだと思う。

 

f:id:shusaku1:20190219090410j:plain

 

飛行機を降り、タクシー乗り場へ向かう際も、

 

いつもなら、少しでも早く、と気ばかりが急くのに、

 

今回は、聖霊を通じて観る世界の中でたゆたっていた。

 

 

タクシーの中から、

 

雨に煙るバンド(外灘)の街並みを眺めていると、

 

2年前の上海事務所事件のことが思い出されてきた。

 

当時は、兄弟に無実を差出すのが精一杯だったが、

 

今は、決断の主体へと当時の自己と他者を引き戻し、

 

ひとつの意識が自他に分かれてやっていた

 

罪悪感を題材にした一人会話だった、

 

ということが、ありありと認識できる。

 

ひとつの意識で被害者と加害者をやっているので、

 

それは入れ替え可能であり、ここで赦さなければ、

 

次は自分が相手に入れ替わるだけのことである。

 

↓ 上海事務所 恐怖の松居一代事件はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

f:id:shusaku1:20190219090328j:plain

 

 

「こんなことを自我の僕はやっちゃってたよぉ。」

 

と聖霊に話しかけると、聖霊はすかさず、

 

「分離は起こってないよ。だからそれは起こってないよ。」

 

「お父さんは今も一緒にいるよ。君は天国にいるよ。」

 

「こっちだよ。こっちだよ。」

 

と再生速度を5倍くらいにした声で語りかけてくる。

 

 

その後も、次々と脳裏に〝ふっ〟と浮かび上がってくる、

 

それ以上でもそれ以下でもない過去の出来事を、

 

決断の主体に戻して聖霊と一緒に観るたび、

 

聖霊は同じ答えで優しく僕を包んでくれるのだった。

 

 

そして、タクシーが目的地へ到着する寸前、

 

「私を発見してくれて、そして、頼ってくれてありがとう。」

 

という聖霊の感謝の波動が伝わってきた時、

 

僕は感極まって泣き出してしまった。

 

「大丈夫?どうかした?気分でも悪いのかい?」

 

と、運転手がミラー越しに声をかけてきた。

 

「ううん。大丈夫。幸せで泣いてるだけだから。」

 

僕はそう答えて、タクシーを降りた。

 

扉を閉める寸前〝一路順風(良い旅を)〟という、

 

運転手の声が聞こえた。

 

↓ 前回のアメイジング・ジャーニーの記事 ↓

blog.hoshitani-shusaku.com