香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の輝き

f:id:shusaku1:20190223010539j:plain

 

先週木曜日は、香港支社が部材を購入している会社の、

 

新年会に参加するため、深圳(シンセン)へ行って来た。

 

ここの社長は、当時の深圳工場で購買部長だった人で、

 

深圳工場閉鎖後に起業し、うちと取引するようになった。

 

実は、ふぁちゃんも、この会社にデスクを借り、

 

現在、タダで居候させてもらっている。

 

f:id:shusaku1:20190223010532j:plain

 

新年会は、昔、深圳工場があった龍崗(ロンガン)の、

 

5つ星ホテルで行われた。

 

以前、深圳工場に勤めていた人たちも何人か呼ばれ、

 

何と、ヒトラーの生まれ変わりである(らしい)、

 

あの台湾人総経理も来ていた。

 

彼はいまドイツに住み、たまたま、

 

何かの手続きをしに深圳へ来ていたところを、

 

WE CHATつながりで、参加することになったのだという。

 

↓ 元台湾人総経理関連の記事はこちら ↓

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

懐かしい顔ぶれを前に、本当に楽しい時を過ごせた。

 

ひと昔前の中国では、乾杯、乾杯で、そのたびに、

 

度の強い中国酒を一気飲みせねばならなかったが、

 

いまはもう、そんな野暮な習慣は無くなり、

 

皆で会話を楽しみながら、ワインやカクテルを飲む。

 

 

どうせ酔っぱらうから、と、

 

会場のレストランが入っているホテルの部屋を予約した。

 

おかげで、昔の仲間たちと、夜遅くまで心置きなく、

 

騒ぎ、語り合うことができた。

 

 

お酒を飲むと突然人が変わったように豹変したり、

 

女性や子供に暴力をふるったりする兄弟もいるが、

 

僕の場合は、酒を飲むと、逆にとてもハッピーになる。

 

また、たくさんの事を語り合いたくなり、もちろん、

 

自分が言ったことや、したことも、ちゃんと覚えている。

 

f:id:shusaku1:20190223010526j:plain

 

だが、酒は飲んでも、聖霊兄貴といつも一緒にいる。

 

決断の主体が聖霊を選び直して、分離は起きてなかった

 

と、父(神)の方を向いている状態に留まっていると、

 

兄弟たちが、自分と同じもの、果ては神と全く同じもの、

 

というふうに思えてくる。

 

ましてや、同じひとつの神の子である兄弟たちを、

 

裁いたり、咎めたりすることなど、できるはずがない。

 

 

一緒に飲み、語り合っている兄弟たち全員が、

 

無罪性で輝いている。

 

みんなが自分であり、自分がみんなで、

 

誰も咎められるような罪など犯していない神の子だ。

 

 

父はこの世界を造っておらず、認識してはいないけれど、

 

絶対に、父は、聖霊を通して僕たちと一緒にいる。

 

その父の愛(ハートの想念)を感じた瞬間、

 

何とも言えない、深く安らかな悦びが込み上げてきた。

 

その愛は、自動的に兄弟たちへと波及してゆく。

 

みんな神の中にいて、とっても幸せ。

 

コースをやってるとか、そんなことも関係ない。

 

f:id:shusaku1:20190223010510j:plain

 

以前、

 

「この世界はなんて素晴らしい世界なのだろう!」

 

と、あなたが思っているとしたなら、それは、

 

「神のいない世界はなんて素晴らしい世界なのだろう」

 

と言っているのであり、その自分は狂っているのだ、

 

と自覚しなさい、というワプニック氏の言葉を紹介したが、

 

この言葉は、この幻想世界(自我の世界)が創り出す、

 

個別の愛や、偽の平安に対して述べている言葉であり、

 

決して、神の愛がこの世界に延長された結果としての

 

真の愛や、平安のことを言っているのではない、

 

と、今なら、はっきり区別することができる。

 

 

だから〝神経由〟以外のものがきたとき,

 

咎めや裁く気持ちが浮上してきたときには、

 

「警戒せよ!」と、即座に頭の中でアラートが鳴り響く。

 

それで、はっ、と真の自己へと戻り、聖霊を思い出す。

 

 

近頃では、人より早く電車に乗ろうとしている、とか、

 

これは身体にいいからやっています、とか、

 

これはどこどこのプレミアチョコだ、とか、

 

あの人は銀行員で男で既婚者の山本さん、とか、

 

そういう意識の動きにまで、アラ-トが鳴るようになった。

 

 

そして、兄弟たちとの宴会はただの記憶へと変わり、

 

あくる朝、目覚めた時には、すでに10時を過ぎていた。

 

そこからタクシーで羅湖の国境まで行き、

 

香港支社へ戻り、一人、残務整理をする僕であった。