香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ブレーカーを落とせ!

f:id:shusaku1:20190908012855j:plain

 

今年から香港のIDカードが一新されるため、

 

今日は、新しい香港IDを受け取りに、

 

チンチン電車に乗って、ワンチャイまで行ってきた。

 

チンチン電車に乗るのは本当に久しぶりだ。

 

レトロ感漂うワンチャイの街並みも懐かしい。

 

夏も過ぎ、これから過ごし易い季節になるし、

 

休みの日は、家にばかり閉じこもっていないで、

 

もっと香港の街を散策してみよう、と、

 

思いを新たにした次第である。

 

f:id:shusaku1:20190908012902j:plain

 

話は変わって、

 

聖霊の声を聞くとか、聖霊の声に耳を澄ます、と言うと、

 

聖霊から何かのメッセージを聞くような印象を受けるが、

 

僕の体験から言うと、

 

聞くのは言葉ではなく、神や聖霊の〝感じ〟である。

 

 

僕がここのところ、

 

神だぁー、ハートだぁー、と、わーわー言っているのは、

 

神がいる感じ、愛の想念の律動、感謝で切ない気持ち、

 

神の認識そのものとして世界の中に存在することであり、

 

指示や直感を聞いて行動する、という意味ではない。

 

なので、この天国の〝悦〟(エクスタシー)の感覚は、

 

〝完全なる抽象〟であり、言葉では表現できない。

 

ただ、理解して、その理解の中で歓んでいるだけである。

 

 

ちょっとベタな言い方をすると、

 

夕焼けの美しさ、誰かの小さな親切、美味しい食べ物、

 

大好きな人に対する愛おしさ、の背後に流れている、

 

言葉では表現できない不変の愛と歓びの感覚こそが、

 

ハートの〝悦〟の感覚であり、神の理解だと言える。

 

f:id:shusaku1:20190908235638j:plain

 

また、別の言い方をすると、

 

ある出来事を前に、誰かを批判したくなった時、

 

はっ、と自我の思考習慣に気づいて立ち止まり、

 

バーンッ、と思考のブレーカーを落として、

 

批判したり、咎めたりしている想いを遮断した際、

 

実際には、バーンッ、と自己の解釈を取り下げた時点で、

 

すでに僕たちは、聖霊の声を聞いており、

 

聖霊と同じように考えていることになる。

 

なんのことはない。

 

自我のおしゃべりに気づいて、それを取り下げた時点で、

 

すでに自分は聖霊を選んでいたのだ。

 

 

⇓ 二年前にはすでに神に気づいていた? ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

まあ、僕も長い間、「兄貴!兄貴!」と、まるで、

 

聖霊という人格が別に存在するかのように扱ってきたが

 

結局、聖霊は神の想いであり、愛であり、認識だった。

 

また、それは、神の子である僕自身の想いでもある。

 

なので、誰かに愛を感じたり、感謝していることが、

 

すでに聖霊を選び、聖霊の声を聞いていることになる。

 

 

自我を捉らえ、これは間違っていると認識した時点で、

 

すでに聖霊と一体になっていることに〝気づく〟こと、

 

それが、聖霊の声を聞く第一歩なのだ。