香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

頭がない男

       f:id:shusaku1:20190928232932j:plain

 

ここへ来て疲労が出たのか、少し身体が重かったので、

 

今日は外出をせず、実家で終日お籠りをして過ごした。

 

 

午後、仏間のカウチに寝そべり、ココアを飲みながら、

 

ダグラス・ハーディングの『頭がない男』を読む。

 

建築家ダグラス・ハーディングの伝記的解説書で、

 

彼の気づきや哲学が分かりやすく説明されている。

 

f:id:shusaku1:20190928233021j:plain

 

自分は一人の人間で、誰もが鏡に映る自分を、

 

〝わたし〟だと信じて行動しているが、自分が分離した、

 

死すべき体に閉じ込められている、と信じる時、

 

わたしは喪失感や孤独感や恐れを感じる。

 

しかし、彼は、自分には顔がなかったことを発見する。

 

そこから、

 

自分の中心は不変でひとつの〝何もなさ〟に在り、

 

全部であり、中間であったことに気づく。

 

      f:id:shusaku1:20190928232924j:plain

 

中でも、

 

「わたしの中に他者がいて、他者の中にわたしがいる、

 

   実は、他者がわたしであり、肉体の他者を憎むことは、

 

   自分を憎むことと同じである。」

 

という言葉が印象に残った。

 

 

逆に言えば、他者を愛するとは自分を愛することであり、

 

自分を愛するとは、他者を愛することと同じである。

 

そうすることで、僕たちは神全体を共有することになる。

 

 

「これって、あのAさんBさん高速一人芝居やん!」

 

と、読みながら思った。

 

他者が自分に対して表現する言葉、行為、感情などは、

 

一つの意識、つまり、自分が自分に行なっている。

 

そのことを認識して、ただ赦し、神の理解を思い出す。

 

 

この時の赦しというのは、罪はない、起こってない、

 

というような、無いものを一旦取り上げてから、再度無い

 

と、否定してゆくような、言い聞かせの赦しではなく、

 

それは本当に無かった、ことを初めから知っている赦し、

 

すなわち、無いもののことをいくら考えても仕方がない、

 

と、分かっていて、ただその咎めや解釈を取り下げ、

 

代わりに、神の理解(ハートの想念)を思い出す赦しだ。

 

 

身近な出来事を例にとるなら、

 

今朝起きると、中国の取引先から今日届くはずだった

 

源泉税減額手続申請書がまだ来ていない、と、

 

元コンババ部長からスカイプが入っていた。

 

普段、僕の休暇中には、滅多に連絡してこない彼だが、

 

来週から中国が国慶節の長期休暇に入るため、

 

少し焦っているようだった。

 

f:id:shusaku1:20190923003630j:plain

 

ちょっと、ドキドキする。

 

軽い〝天国⇒地獄 いきなり放り出され感覚〟を味わう。

 

こういうとき、いくら、起こってない、罪はない、とやっても

 

僕の場合、余計に焦ってしまうだけなので、、それよりも、

 

〝本気で神を思う〟方を優先させることにしている。

 

そして、本気で神を思うとは、

 

この夢の世界を〝本気〟で否定することである。

 

〝必死〟で否定するのではなく〝本気〟で放棄する。

 

それは、世界を知覚していても、世界自体が本当に無く、

 

放っておけば消え去ってゆくと知っている〝感覚〟だ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ひとつひとつを夢だ、幻想だ、とやるのではなく、

 

自分が見ている全体を夢として扱う。

 

なので、元コンババ部長からのスカイプも現実ではない。

 

結局、何か他の事をしていて、返信し忘れたのだが、

 

その頃には、コンババ部長もすでに神となっていた。

 

 

まあ、こんな感じで実家での休暇は穏やかに過ぎてゆく。

 

父も母も穏やかな晩年を迎えている。

 

もう、幻想の世界で失うことを恐れる必要はない。

 

なぜならそれは初めから〝本当に〟無かったのだから。