香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

世界は優しい

f:id:shusaku1:20191011004806j:plain

 

先週の抗議活動で破壊された地下鉄の設備修復の為、

 

ここ数日、夜八時以降の列車が運休となっている。

 

本社からは、香港支社の社員に対し、

 

帰宅時の混雑を避けるため、

 

しばらくは午後4時半に退勤し、場合によっては、

 

在宅勤務をしてもよい、という通達が出された。

 

また、身の安全を第一に考えるように、と、

 

社長から念押しのメールも来た。

 

 

それでも、月初となればそうもいかず、

 

昨日も8時くらいまでオフィスで仕事をしていたら、

 

元コンババ部長から電話が来て、

 

タクシーに乗って家まで帰ってください、と言われた。

 

星谷さんは、会社が海外に赴任させている駐在員で、

 

もし何かあったら、会社が責任を持つのだから、

 

慎重に行動してください、と説明された。

 

f:id:shusaku1:20191011004801j:plain

 

そんな大げさな、と思いつつ駅まで行ってみると、

 

見事に改札は閉鎖されており、しかたなく、

 

たった一台停まっていたタクシーに飛び乗った。

 

香港島のコーズウェイベイまで、と言ったら、

 

「嫌だ、行きたくない。」と運転手から即行拒否られた。

 

治安が混乱している香港島へは行きたくないという。

 

結局、ホンハムでタクシーを降り、そこからバスに乗って

 

香港島へと渡ることにした。

 

タクシーを降りる時、運転手がおつりを手渡しながら、

 

「気をつけて帰るんだよ。」と僕に声をかけてくれた。

 

瞬間、神の愛が、わわわ、と溢れた。

 

 

会社も、社長も、元コンババ部長も、通りすがりの人も、

 

みんな優しい。

 

それはもう、涙が出るほど完璧に優しい。

 

兄弟に対する咎めや批判に気づき、それを取り下げて

 

ほんの少しでも神を受け容れると、世界が神になる。

 

神に、または、神の反映である兄弟に、ほんの一言、

 

ありがとう、と言っただけで、待ってましたぁーっ、

 

とばかりに、百倍返しで愛が返されてくる。

 

f:id:shusaku1:20191011004813j:plain

 

現実がよくなることが目的ではないんですよ、と、

 

奇跡講座の勉強会などで、よく言われたりするが、

 

神に戻ってゆくとき、現実がよくなるのは当然である。

 

まだその先があるんですよ、という戒めの見地から、

 

ここで立ち止まらないでください、と言いたいのだろうが、

 

20年前じゃないんだから、

 

奇跡講座を少しでも実践している〝いまの〟兄弟であれば、

 

そんなの、わざわざ言わなくても解かってるって!

 

 

だから、

 

いい感じ、幸せ、ヤッター、ラッキー、大好き、落ち着くぅ、

 

といった、ハートに近い感覚を感じたならば、素直に、

 

神や兄弟に愛や優しさを感じて歓んでいればいいと思うのだ。

 

そして、

 

その感覚を、神を想い出す手掛かりにすればいい。

 

  

だって、よく考えてみてほしい。

 

愛そのものである神や、聖霊や、J兄貴が、

 

それは違うんですよ、とか、

 

まだその先があるんですよ、とか、

 

隠蔽してますね、などと言うだろうか。

 

僕たちがいまどんな状態であれ、神や聖霊やJ兄貴なら、

 

ただ、完璧な無辜の存在として僕達を見ているはずだ。

 

なので、神や聖霊やJ兄貴と同じ僕たちも、

 

神や聖霊やJ兄貴と同じように〝考えて〟いればいい。

 

それが、神を聖霊をJ兄貴を選択するということになる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、

 

世界がますます優しくなってゆく僕なのであった。