香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ハートで勝負!

f:id:shusaku1:20191011004825j:plain



先週金曜日は、午前中、銀行回りをした後、午後は、

 

香港支社2020年社内カレンダーを作成して過ごした。

 

うちの会社は、土曜日が祝日の場合、その分を、

 

他の日に振り替えて休んでもよい決まりになっており、

 

そういうものを加味すると年間休日が125日となった。

 

そのうえ、僕のような海外駐在員に対しては、

 

年間14日の里帰り特別休暇が賦与され、

 

そこへ、働き方改革で有給を10日は消化せねばならず、

 

また、台風や冬至や旧正月前の特別早退などを含めると、

 

最終的に僕の来年度の年間休日数は152日となった。

 

普段はそんなに休んでいる感覚はないのだが、

 

改めて計算してみると、かなりな〝ゆとり〟である。

 

というわけで、社長、安倍総理、ごっつあんですっ!

 

f:id:shusaku1:20191011004820j:plain

 

以前、ハートの悦(エクスタシー)は、性的な感覚に近い、

 

と書いたことがあるが、今日、ふと思ったのは、

 

トランプ(アメリカ大統領ではない)などに使われる、

 

あのハートマークって、

 

非常に強力なエクスタシー発生装置なのだなあ、と、

 

しみじみ感じる今日この頃である。

 

 

例えば、お尻や、バストや、唇や、男性器や女性器など、

 

肉体の中で性的魅力を感じる部位は、

 

必ずハートの形をしているし、人間の顔だって、

 

眉間から顎にかけてのラインはハート型であり、

 

それらの形がより立体的で、完璧なハート型に近いほど

 

セックスアピールや愛らしさを感じさせる。

 

また、行為的な面から見ても、

 

キスをしている場面を横から見るとハートの形になるし、

 

セックスだって、互いの肉体のハート形をした部分を、

 

密着させることによって、性的エクスタシーを得ている。

 

そういう意味で、ハートの形はいわば、

 

人類のムラムラ発生装置と言っても過言ではない。

 

ちょっと大げさかもしれないが、

 

肉体に埋め込まれた、この〝ハートの形に興奮する〟

 

という習性がなければ、人類は存続不能だっただろう。

 

⇓ ハートと性についての関連記事はこちら ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

それにしても、なぜ人類は、相手の肉体に隠された

 

ハートの形を見てムラムラするのだろうか。

 

おそらく、どんなにすごい官能小説家でさえ、

 

ムラムラを誘発する状況描写はできても、

 

ムラムラ自体を言葉で表現することはできないだろう。

 

そして、この言葉では表現できない喜悦の感覚こそが、

 

ハートの悦(エクスタシー)であり、天国の律動であり、

 

神の理解である、と言える。

 

f:id:shusaku1:20191011004831j:plain

 

そして自我は、宿主となる肉体を存続させるために、

 

ずっと、このハートの悦を横領してきた。

 

それでいて、そのことを僕達に気づかせないよう、

 

セックスで感じるエクスタシーを、不浄で罪深いもの、

 

恥ずかしいもの、として隠蔽してきたのだ。

 

 

しかし今後は、

 

自我の存続のためにハートを利用するのではなく、

 

神のエクスタシーの象徴としてハートを見てゆく。

 

 

とまあ、今回は、赦しとは全く関係ない話だったが、

 

こうして、なにかに〝ムラムラ〟したとき(笑笑)、

 

ああ、ハートだな、と思い出すのもまた、

 

大いなる気づきとなるのかもしれない。

 

(⇑ って、ホンマかっ!)