香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の照り返し

f:id:shusaku1:20191026042645j:plain

⇑ セブパシのパイロットとCAさん

      庶民的な感じが好き! 

 

 

裁きたい心に警戒したり、相手を裁かずに見るには先ず

 

〝自分〟の聖性を、相手の中に見いだす必要がある。

 

日本語や中国語を喋る肉体としての相手ではなく、

 

その奥にある不変の〝愛(聖性)〟を観ること、また、

 

相手の中にある、永遠で、不動で、常在な愛の部分が、

 

実は、自分のものであったと認識すること、

 

そうやって、相手の中に愛(神)を見つけることで、

 

相手の中へ押しやった愛が自分の元へと戻ってくる。

 

 

というわけで、毎度おなじみのフィリピンにいる。

 

工場で、9月の月次をまとめている間も、ともすれば、

 

裁こうとしている自分を認識しながら過ごした。

 

前回も書いたように、声を意識的に低くすることで、

 

意識状態になろうとする心を警戒するようにした。

 

 

最初はちょっときついけれど、大気圏を抜けてしまうと、

 

後は案外、ラクに聖霊の軌道に乗れる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

こうして実践してみると、

 

夢の映像に対する反応から、妄想劇場に至るまで、

 

全て自分の心の中だけで起きており、

 

赦すのは自分の中だけだ、ということが理解できる。

 

 

例えば、

 

今年4月に社員の所得税申告をした筈なのに、

 

まだ納税通知が来ない、とエドワードに指摘され、

 

何か申告に問題があったのかと不安になる。

 

申告漏れがあれば、会社に罰金が課せられるので、

 

自分のミスで大変な事になる、という恐怖に襲われる。

 

本当は、ミスがあったとしても、税務署に問い合わせ

 

修正申告をすれば済むことなのだが、

 

心はとっさに、恐怖で自分を裁こうとしてしまう。

 

 

こんな時、彷徨い出ようとする心の中を常に見つめ、

 

〝裁きの妄想劇場〟が起これば、即座に取り下げる。

 

 

僕の場合、その時々で取り下げ方は違うのだが、

 

「神は愛であり、愛は決して脅かされない。」

 

「私は聖なる神の子だ。何かを裁くような存在ではない。」

 

と、宣言したり、また、あまりにひどい妄想だと、

 

「悪魔(自我)よ去れ!」と一喝する場合もある。

 

 

そうやって、認識して、取り下げて、入れ替えた後、

 

自分の中に神の愛が復帰するのを確認し終了となる。

 

f:id:shusaku1:20191026042640j:plain

 

とまあ、そんな感じで、昨日フィリピンから戻ってきた。

 

フィリピンも北の方は一年中猛暑、というわけでもなく、

 

朝夕は過ごし易くなっていた。

 

 

ショッピングモールにはジングルベルが流れ、

 

街はすでにクリスマスムードが漂っている。

 

しかし、クリスマスツリーの横にハロウィンのかぼちゃ

 

が吊るされていたりと、訳がわからない。

 

 

いつものセブパシで、午後10時に香港に着いた。

 

空港から市内に入ると、セントラル駅が閉鎖されていた。

 

最近、改札口の破壊行為が連発しており、その影響で、

 

閉鎖されているようだ。

 

仕方がないので、チンチン電車で家まで帰った。

 

この週末は一歩も家から出ず、お籠りをして過ごそう。