香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

湧いては消える私の人生

f:id:shusaku1:20191017220707j:plain

 

ようやく、家にいてもエアコンが必要なくなり、

 

ここへ来て、香港は秋本番を迎えている。

 

そして、僕の神へと向かう旅も佳境を迎え、

 

ますます、世界が〝薄く〟なって行っている。

 

 

こうして、裁きを取り下げる、を実践して以降、

 

またJに話しかけるようになった。

 

話しかけると言っても、これはどうしたらいいですか、

 

みたいな〝おしゃべり〟ではない。

 

 

例えば、

 

ワイドショーで神戸教師いじめ事件を視ていて、

 

加害教師が何で給料貰って謹慎なんだ、と批判するうち

 

そう言えば自分の中学校にもこんな女教師がいたな、と

 

その女教師の事を思い出しながら、心の中で、

 

様々な妄想復讐劇を展開し始めようとしたその瞬間、

 

あ、やってる、と気づいたら、

 

即座に沈黙し、取り下げ、最後は神と入れ替える。

 

この〝入れ替える〟際に、最近気に入っているのが、

 

「あなたは、神の愛に値する、

 

 無罪で不変の、聖なる神の子です。」

 

と、相手に向かって、心の中で力強く宣言することだ。

 

そうすることで、相手を神の存在に入れ替える。

 

 

そして、最後は、

 

こんな感じなんですけど…と、Jに問いかけてみる。

 

すると、Jから、ありがとう、という感謝の想いが、

 

じわっ、と伝わってきて、暖かい気持ちに包まれるのだ。

 

 

まあ、裁いている事柄を赦したからと言って、

 

特に現実が変わった、と実感するわけではないが、

 

多分、J兄貴は、僕の全ての前世、今世、未来世、

 

そして、ありとあらゆるパラレル次元にこの赦しを運び、

 

時空を取り消してくれているのだろう。

 

そう思えば、どんなに小さな心の中の裁きも、

 

捉えて入れ替えよう、という意欲が湧いてくる。

 

f:id:shusaku1:20191029221247j:plain

 

また、こうやって、

 

心の中の活動が、日常の大部分を占めるようになると、

 

見えている映像や、出来事や、思考までもが、

 

何ていうか、まるで台風の雨雲レーダーのように、

 

淡々と湧き出しては消え、消えては湧き出しを

 

繰り返しているだけのように見えてくる。

 

それは、まさに消えてゆく姿そのもので、

 

それ以上でも、それ以下でもない。

 

 

湧き出てきたものを、そのまま去るに任せる。

 

それが、今の僕の、

 

外で起きる夢の出来事に対する見方となっている。

 

 blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com