香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

泣きの土曜日

f:id:shusaku1:20191102205702j:plain

⇑ 昨日仕事から戻ってみると、お手伝いのチョイ姐が、

   紫の百合を活けておいてくれた。

   オランダのユリなのだという。

 

なぜか、ここ最近、

 

めっきり聖霊兄貴が登場しなくなったなと思ったら、

 

以前は別人格のように見えていた聖霊が、

 

いつしか、自分が聖霊だったことに気づき、

 

それ以降、聖霊を〝別物〟にしなくなった。

 

なんか、うまく説明できないのだが、

 

聖霊と同じように、裁きを取り下げ、世界を愛で見よう、

 

とするようになってからは特に聖霊との一体感が増した。

 

 

なので近頃は、赦しに於いても、

 

裁きを取り下げた後は、直接神に向かう。

 

また、自分が聖霊と同じ存在だった、

 

という自覚が持てて初めて、

 

直接神に触れてゆくことができるのだ、と気づいた。

 

 

その代わり、と言ってはナンであるが、

 

ここのところJ兄貴に問いかけることが多くなっている。

 

 

「こんなん出てきましたけど、どんなもんですかいな。」

 

「さっきのこの赦しは、もうここまでが精一杯ですねん。」

 

「この件に於いて、自分には何ができますやろ?」

 

 

まあ、ひとり呟き、のような感はあるが、それに対し、

 

Jは決して、それは違いますよ、とは言わない。

 

その時々で、最も適切なアドバイスを与えてくれる。

 

それは、テレビを通じてのこともあれば、

 

何気ない兄弟との会話を通じてのこともある。

 

または、強烈な〝閃き〟として伝えられることも…。

 

f:id:shusaku1:20191102205708j:plain

 

まあ、そんな感じで、今日は土曜日、

 

 階下の通りでは、デモ隊に警察が放水する騒ぎがあり、

 

サイレンの音がけたたましく鳴り響いているが、

 

僕はといえば、昨日のうちに、

 

食料や、ワインや、お菓子などをわんさか買い込み、

 

お籠り三昧の週末を過ごしている。

 

 

不死という… ⇒ ワークブック ⇒ テキスト ⇒ 瞑想

 

と、午後いっぱい奇跡講座三昧の時間を過ごした。

 

テキストの『赦しの夢』の項を読んでいるうち、

 

兄弟達のことが、有り難くて、有り難くてたまらなくなり、

 

二度ほど号泣した。

 

その後、部屋中に神の気配を感じて、ううっ、となる。

 

トドメは、テレ朝のフィギュアスケートの試合を見ていて、

 

ザギトワ選手がくるくる回っているのを眺めているうちに、

 

ああ、神が舞っている、となり、またまた、泣けてきた。

 

 

な、なんじゃ、これはっ。

 

一体、自分はどうなってしまったのか? 壊れたのか?

 

これではまるで、法悦女子ならぬ法悦男子、やんけ!

 

⇓ 2014年、まだ神の理解が入る前の僕がそこにいた! ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

珠海出張から戻って以降、

 

兄弟を通じて、裁いている自分に気づき、

 

それを取り下げ、そこから神にアクセスしたあと、

 

裁きの夢を、赦しの夢(神の理解)に置き換える、

 

という赦しを実践して数週間、マジで世界が変わった。

 

キャー、ヤッター、ステキーッ!とばかりに、

 

神がどわーっと食い気味に押し寄せてくる。

 

 

不変で永遠なる神の世界の方が実存で、

 

この世界は本当に無かったことが理解され始めると、

 

恐怖が癒され、平安が復活する。

 

僕の場合、まだまだ、行きつ戻りつ、波があるけれど、

 

こうして進んでいくのだな、と実感している。