香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

主婦によせて

f:id:shusaku1:20191101011004j:plain

⇑ 柿を買い、秋を味わう。甘い。

   その表現できない美味さに神の理解を感じる。

 

僕が最近、突然、神、神、と書きまくるものだから、

 

ドン引きされた読者の皆様から、

 

神の想い、神の理解、について質問されることが多い。

 

中には、神という言葉に、宗教やカルトっぽさを感じて、

 

無意識のうちに拒絶反応を起こす人もいる。

 

神は、あまりに多方面で支配の象徴とされるため、

 

できれば僕も使いたくないのだが、それでもやはり、

 

〝神〟以外の表現が見当たらないので仕方がない。

 

 

〝神の愛〟というと、どこか日常生活から解離した、

 

キリスト教などの教義上の概念のような印象を受けるが

 

実際には常にここに在り、誰もが感じているものである。

 

 

例えば、ううん…、そうだな、

 

僕のブログの読者には、専業主婦の方が多いので、

 

主婦の方を例に、神の理解を説明してみることにする。

 

 

主婦というからには、当然、旦那がいるわけなのだが、

 

これまた当然、かつては(笑)その旦那を好きになり、

 

多かれ少なかれ、今でも愛しているからこそ、毎日、

 

旦那に料理を作ったり、旦那のパンツを洗ったりして、

 

結婚生活を続けていられるのだと思われる。

 

 

しかし、結婚して子供も生まれ、何年、何十年、も経つと、

 

その〝大好き〟という〝想い〟は生活の中へと埋没し、

 

いつしか、相手のちょっとした言動が許せなくなってくる。

 

 

せっかく作った料理にマヨネーズをかけた、

 

わたしはキャリアを捨てて専業主婦になったのに、

 

主婦のわたしを小馬鹿にするような一言を吐いた、

 

こっちは体調が悪いのに、いたわる素振りもない、

 

といった些細なことにムッカーッ、とくる。

 

⇓僕がどんなに専業主婦に憧れているかを綴った記事⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

だが、現実の出来事に意識の表面は波立ちながらも、

 

根底には〝あなたが大好き〟という想いが流れており、

 

それ故に、ムカつきながらも旦那のパンツが洗えている。

 

 

ただし、その根底に流れている〝大好き〟な想いは、

 

情緒的な感覚であるため、言葉では表現しづらく、

 

分析して報告しろ、と言われても絶対に不可能だ。

 

そして、毎日色々な事があって忘れがちだけれども、

 

確かに根底に流れている相手への想い、

 

愛しているという感覚こそが、

 

神の想いであり、ハートの感覚である。

 

 

たとえ日常生活で、旦那にムッカーッ、となったとしても、

 

それでも底辺に流れている旦那に対する〝愛の感覚〟

 

を思い出し、そこへと立ち返ること、

 

これが、神を想い出す、ということになる。

 

 

僕たちは神から分離している、と思い込んでいるので、

 

神が大好き、とは、とてもとても恐ろしくて言えないが、

 

旦那になら、いろいろ不満はあるけれど、まあ好き、

 

くらいは思える。

 

でも、日常では裏に隠れているけれども

 

それでもあなたが好き、という感覚こそが、

 

神を愛している感覚であり、

 

また、神が自分を愛している感覚である。

 

 

と、ここまで来ると、もうお分かりかと思うが、

 

なんのことはない、本当は、旦那が神だったのである。

 

そのことを認めて、ムッカーが来るごとに、

 

その根底を流れる神の想い(大好き)へと立ち戻ること、

 

旦那の中に神を観ること、それが〝赦し〟である。

 

f:id:shusaku1:20191102004148j:plain

 

このように、論文に書いて証明はできないけれど、

 

確かに感じている旦那に対する愛は、

 

神に対する愛だった、と自覚されると、

 

今度は、その〝ハートの感覚〟が、

 

あらゆる兄弟たちに波及し始める。

 

 

例えば、何かにつけマウンティングしてくるママ友や、

 

ウザいお姑さんや、反抗期の子供、などが仕掛けてくる

 

きいぃーっ、となるような状況に遭遇した際、

 

普段は忘れているが、根底に流れている旦那に対する

 

あの〝好き〟な感覚が神の感覚であったと思いだし、

 

その感覚をあらゆる場面に適用し、

 

当て嵌めてゆくことで、あらゆることを赦せるようになる。

 

 

と、ここまで来て、なんで主婦でもない男のお前が、

 

主婦目線でこんなことを語っているのか、と、

 

お叱りを受けそうであるが、

 

パートナーはそういう意味でとても力強い愛の象徴だ、

 

ということで…、おやすみなさい。