香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

私、なに悪いことしたん?

www.youtube.com

⇑   これってまさに私と聖霊の会話そのもの

     このお母さんこそが僕たちの姿だ。  

     映像劣悪ですがご容赦下さい 

 

元日の香港は数十万人規模のデモで幕を開けた。

 

今回、僕もみんなと一緒に歩いてみた。

 

途中、勇武派の光明同盟が募金を募っていたので、

 

僕も100ドル(1500円)寄付した。

 

見れば、たくさんの大人たちが寄付をしている。

 

500ドル札を寄付している人も少なくない。

 

ほとんどの香港人が民主化を望んでいるのに、

 

実際には、どんどん真逆の方向へ進んでいる。

 

自我の世界って本当に奇妙な矛盾に満ちている。

 

f:id:shusaku1:20200102014117j:plain

 

そんな景色の中に神を見いだすうち、

 

愛が欲しい、が、愛しているよ、に変換されてゆく。

 

もう、何が起こっても起こらなくても、ここは神の中だ。

 

f:id:shusaku1:20200102014111j:plain

 

日本映画専門チャンネルで、以前このブログで紹介した

 

『ママリン87歳の夏』を再放送していたので、また見た。

 

その時、認知症である母と娘の間で交わされる会話が、

 

狂った自己と、真実のみを語る聖霊とのやり取り

 

そのものであることに気づいた。

 

〝刑務所、人殺し、泥棒、罪を犯した自分、捕まる…。〟

 

母が発するこれらの言葉を、娘は即座にきっぱりと、

 

食い気味に否定してゆく。

 

そして、家出、徘徊、迷子は罪ではないと告げる。

 

 

僕達もまったく同じ会話を聖霊と交わしている。

 

つくづく僕達って、重度の神認知症なんだなあ、と、

  

この映像を見ながら感慨を新たにした次第である。

 

f:id:shusaku1:20200102014131j:plain

⇑ 彼らはまだ大学生なんだ
 

 

 

僕たちは意識以前のこと(実存)を全く覚えていない。

 

神のことや霊(スピリット)のことや天国のことも知らない。

 

それでも、自分は神に属する存在だ、とは勘づいていて、

 

それで、何かの拍子に〝普遍で永遠な神の波動〟

 

が上がってきたりすると、それが何かを忘れているため、

 

得体のしれないものと錯覚して恐怖を覚え、

 

これらの神の想念をあたふたと封印してしまう。

 

それは例えば、

 

明日やらなければならない仕事の心配や、、

 

子供の受験のことや、両親の介護のことなど、

 

目の前の現実に没入することで、

 

得体の知れない神への恐怖を見ないようにしている。

 

f:id:shusaku1:20200102014138j:plain

↑ 募金箱が次々お札でいっぱいになってゆく

 

自我は真実(神)を忘れるために幻想を使い、

 

聖霊は真実(神)を思い出すために幻想を使う、

 

とはよく言ったもので、自分を動揺させたり、

 

苦痛をもたらす現実を目の当たりにしたとき、

 

見えているものに真実はない、と見抜き、

 

相手から〝愛している〟という声を聴く。

 

それが、正気への第一歩となる。

 

f:id:shusaku1:20200102014124j:plain

↑ 今回のデモは110万人が参加した。

   香港の人口の7人に1人が参加したことになる 

 

喜んでいることが、神を知るということである。

 

たとえ、相手がどんな行動をとっていようとも、

 

相手から受け取った愛してるのメッセージを、

 

ありがとうという感謝で返すことが、

 

相手を神として認識することである。

 

そうやって、神として認識された相手こそが、

 

霊(スピリット)となり、本当の自己として顕現される。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com