香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

家出⇒徘徊⇒迷子

f:id:shusaku1:20200106004737j:plain

 

以前も紹介したが、徘徊を繰り返す認知症の母と、

 

その母を介護する娘のドキュメンタリー、

 

『ママリン87歳の夏』をUSBに入れて何度も見ている。

 

なぜなら、見れば見るほど、この認知症のお母さんは、

 

今のボクらの状態そのものであり、娘さんが発する言葉

 

の一つ一つが聖霊によるものだと実感できるからだ。

 

認知症を題材にして、神へ戻る小説が書けそうなほどだ。

 

 

自分は誰かの何かを盗んだがゆえに、

 

刑務所に入ってしかるべき人間だと思い込んでいる母に

 

あなたは泥棒ではないので刑務所へ入る必要はない

 

と諭す娘、また、自分の家に帰ると言い張る母に、

 

あなたはもう自分の家にいます、と完全否定をする、

 

それでも、徘徊してしまう母の後ろを歩きながら、

 

ここぞ、というタイミングで、母に近寄り、

 

何してんのん、一緒にはよ家に帰ろ、と話しかけ、

 

家へとうまく導く娘、これを毎日5回くらい繰り返す。

 

 

多分、この認知症のお母さんの中では、

 

ちゃんと自分だけの思い込みの世界が見えており、

 

それが真実だと信じているに違いない。

 

だが、それを娘によって否定されるので混乱するのだ。

 

 

娘がいつも使うフレーズは、考えるのはやめなさい、だ。

 

あなたの考えは全部ボケてるから何も考えなくていい、

 

あとは神様に全部任せなさい。を繰り返す。

 

 

話を聞いた時は一瞬正気に戻るが、すぐ忘れてしまう。

 

僕達も兄貴の声に耳を傾けたと思ったら、次の瞬間には

 

そのことを忘れて、夢の世界に埋没していってしまう。

 

なので、何度も何度も、兄貴の声に耳を傾け、

 

自分の考えが間違っていることを自覚してゆく。

 

そういう意味で、起こることを諦観してゆくことは、

 

戻ってゆくうえで非常に大切だな、と、思うのだ。

 

(※諦観(ていかん):本質を見極めたうえで諦めること)

 

f:id:shusaku1:20200106004743j:plain

 

こんなことを書いていたら、突然、ドッカーン、と音がし、

 

外を見ると、道路で普通車が事故を起こしていた。

 

ドアがひん曲がり、運転手は外へ脱出できないようだ。

 

やがて救急車やパトカーが来て、運転手が救助された。

 

 

こんな事故が起こらないようにするには…、とか、

 

あの時こうしておけば事故は起こらなかったのに、とか、

 

これも前世で学び損ねたレッスンのナンチャラ、とか…、

 

そういうのではく、ただそれは起こっただけ。

 

そして、本当は起こせてもいなかった。

 

意識は〝自動車事故が起こった〟と認知していても、

 

本当は、神の中で起こっていることなので、

 

それは、ただの認知障害で、

 

自動車事故ではなく、神だった、となる。

 

そして、神に気づいた自分が自己なのではなく、

 

気づかれている神の想いが自己であり、霊であった。

 

それが〝諦観する〟の本質なのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、明日からお仕事である。

 

だが、17日から16日間の一時帰国休暇に入るので、

 

明日からは、怒涛の日々を送ることになると思われ…。

 

しかし、それも、神の中だという認識のなかで行われる。

 

また、たとえ、概念の考えがぱっと出てきたとしても、

 

見過されるまま、消えてゆくに任せておけば、

 

実存ではないそれは自動的に消えてゆく。