香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

実体を見よ!

f:id:shusaku1:20200105015406j:plain

 

ここ一週間、ずっと、神、神、神、で過ごしてきたせいか、

 

今朝、起きた瞬間 「あっ、今、自分は神の中にいる。」

 

と、突然、深い理解の中で目覚めた。

 

うまく説明できないのだけれど、それは何て言うか、

 

何かを通して神を見るのではなく、

 

自分はもうすでに1ミリもずれることなく神の中にいて、

 

自分も含め〝ここ〟がそのまま神そのものの世界で、

 

愛そのものだった、という理解、そして何より、

 

この神の世界こそが真の自分だった、ということを、

 

突然思い出したように理解したという感じである。

 

 

仕事も、人間関係も、全て神の中で行われており、

 

パソコンも壁も天井も、本当は神そのものだった。

 

それはパソコンでもなくスマホでもなく神だったのだ。

 

なので今後は、創作活動も、仕事も、日常生活も、

 

ここが神の中であることに気づくために行われる。

 

そして、神に気づいているのが自分なのではなく、

 

気づかれている愛の想念こそが真の自己だった、

 

と理解した瞬間、あらゆるものが神になった。

 

f:id:shusaku1:20200101034201j:plain

 

自分は神の中にいるという感覚はやがて、

 

神の想念そのものへと移行してゆき、誰を見ても、

 

何を見ても、それらは全て罪のなさに輝いている。

 

 

なぜか景色が、くっきりはっきり、鮮明に見える。

 

また、ごく普通のカフェに並ぶコップでさえ、

 

その並び方がアートっぽく、秩序立って見えるのだ。

 

そして、その奥に真の自己である霊を発見する。

 

 

それから、また人々からガン見され始めた。

 

電車で向かいに座っている人が、

 

エレベーターで乗り合わせた人が、

 

レストランで向こうの席に座っている人が、

 

何かに驚いたように僕の方を凝視してくるのだ。

 

 

神にガン見されているのだ、と思った。

 

 

なんか、

 

この肉体の自分は、神を映す鏡なのだな、と思う。

 

例えば、自分の体が鏡でできているとして、

 

自分の体に映る神を見て、おお、自分に中に神がいる、

 

ひょっとして、俺って神だった?と勘違いしてしまった。

 

本当は、

 

鏡に映っている〝現物〟の方を観るべきなのに…。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そんな感じで、今日は、マッサージに行ってきた。

 

全身マッサージされながら、神を感じていた。

 

マッサージの快感に気づいているのではく、

 

神の想念に気づいているのだ、と…。

 

 

お正月休みも明日で最後となるが、

 

今回の休暇は家で本当にのんびり過ごせた。

 

今年は自分にとっても大きな転換期な気がすので、

 

今のうちに鋭気を養って、新たなシナリオに備えるのだ!