香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

存在のすべて

f:id:shusaku1:20200108013853j:plain

⇑ これはホテル?それともマンション?

 

まだフィリピンにいる。

 

今日は終日、経理の女の子の席の隣に座り、

 

新キャッシュフローの入力をレクチャーして過ごした。

 

神が入ってからというもの、細かい数字の計算が、

 

とんと苦手になってしまっている僕だが、

 

それでも何とか、入力を完了させることができた。

 

夜は、工場長と焼き肉屋で焼き肉を食べ、

 

早々にホテルへ戻り、神ベッドで休んだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

いま、ここに在る神に抵抗しない。

 

これが神だと認めるなんて、そんなの嫌だあー、と、

 

見えているものを〝わたしのスマホ〟にしたり、

 

〝ダメな自分〟にしたり〝嫌な人〟にしている。

 

もう、神であることだけを受けいれ、それに抵抗せず、

 

どんな、居心地の悪い思いが浮かんで来たとしても、

 

ただ起こるに任せ、見過してやっていれば、

 

それは必ず神へと戻ってゆく。

 

 

いま、ここには、普遍で不変の神の想い(愛)しかない

 

ことだけを見ていると、とても心が平安になる。

 

他人に見えているが、実は神だった周囲の人々が、

 

自分を傷つけたり、悩ませたりするはずがない、

 

というような境地になる。

 

もし、そういう思いが立ち上がってきても、それは、

 

勝手に湧いてきている想いであり自分のものではない。

 

 

それから、他者の反応にクヨクヨしなくなる。

 

 

相手から受けるどんな行為やリアクションに対しても、

 

神からの「愛してるよー」アピールでしかないと分かる。

 

別の言い方をすれば、誰からどう思われたっていい、

 

嘘の自分でみんなから好かれるくらいなら、

 

本当の自分で嫌われた方がマシ、という感覚になる。

 

何か言われて落ち込んだら、それも起きていることが、

 

ただ起きているだけなので、ただ見過ごす。

 

すると、本当は神の想いだったことが理解できてくる。

 

赦しは何もしない、ってこんな感じなのかな、と思う。

 

 

なんか、年末年始の休みで、全然変わってしまった。

 

別段、何をしたわけでもないのに、不思議だ。

 

f:id:shusaku1:20200108013900j:plain

 ⇑ それは中国の豪華客船だった!

       まるでノアの箱舟みたい 

 

というわけで、

 

明日一日頑張れば、香港に戻れる。

 

来週後半から休みに入るので、月末までの仕事を、

 

来週中にセッティングしておかなければならない。

 

怒涛のSWATな一週間の幕開けである。

 

あ、それから、帰国前に、

 

AMAZONでいろいろ買い物をしたり、

 

歯のホワイトニングの予約も入れたりと、

 

もうひと踏ん張り!