香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神が来た道

f:id:shusaku1:20190710235821j:plain

 

新しいマンションは、ひとつの階に4つしかフラットがなく、

 

とてもこじんまりとしたマンションである。

 

僕がエレベーターを待っていると、隣に住む、

 

80歳くらいの老夫人が出てきたので、挨拶を交わした。

 

彼女曰く、僕の前に住んでいた西洋人の男性は、

 

毎週のようにホームパーティーを開くので、

 

うるさくて仕方がなかったらしい。

 

「あなたは日本人で礼儀正しそうだから安心だわ。」

 

と、勝手に決めつけられてしまった。

 

聞くと、この階の住人は全員が80歳代なのだという。

 

そう言われてみれば、エレベーターなどで出会う、

 

住人たちのほとんどが、お年寄りばかりだ。

 

守衛のおじさんでさえ、どう見ても80歳くらいである。

 

小さな古いマンションなので、若い頃に家を買い、

 

それから長く住み続けている人が多いという。

 

f:id:shusaku1:20190710235826j:plain

⇑ 今年、初ライチ。 

 

というわけで、

 

最近、何かにつけ、ハート、ハートとうるさい僕であるが、

 

ハートを感じていれば罪悪感を直視しなくてもよいのか、

 

と言うと、そうではない。(少なくとも僕は…。)

 

僕の場合、みぞおちに感じる罪悪感を直視し、

 

それが無かったと確認されると、ハートが上がってくる。

 

 

例えば、先週も元コンババ部長から電話がかかってきて

 

「いま、香港支社の現金出納帳を見てるんですけど、

 

 この3,000ドルの支払いは何ですか?」と訊かれた。

 

「それはICチップの開発費で稟議も通ってますよ。」と僕。

 

「あ、そうなんですね。稟議も通さずに支払ったのかって、

 

 ちょっと怒ってやろうと思って電話したんですよ。」

 

と彼が言うと、電話の向こうから数人の笑い声がした。

 

その瞬間、僕の中に〝みんなの前で侮辱された〟

 

という、激しい怒りが込み上げてきた。

 

f:id:shusaku1:20190708003650j:plain

⇑ 家からタイムズスクエアまで徒歩一分ですの。

    おーっほほほほ!

 

あ、この感じ方はおかしい、と一瞬立ち止まる。

 

それから、

 

自分で勝手に歪めてしまったハートを神へと返し、

 

最後は、一瞬静まり、ハートの声だけに耳を傾ける。

 

そこから、ハートに繋がる。

 

自我の投影として罪悪感を直視するのではなく、

 

自分の心の中の神の反映として世界を見るのだ。

 

 

みんなの前で侮辱された、という罪悪感を観るのではなく

 

神の想い(ハート)の中で歓ぶところから出発することで、

 

はじめから罪はなかったことを確認してゆく。

 

解釈無しに、ただ歓んでいるのだ。

 

f:id:shusaku1:20190714184917j:plain

⇑ かつおのたたきと生ビール。神だぁー!

   

というわけで、金曜の夜はベトナム留学時代の友人と、

 

また、土曜の夜は25年来の日本人の友人と、飲んだ。

 

先ずは、それぞれの友人を僕の家に招いてワインを飲み

 

その後、近くのレストランへと夕食に出かけた。

 

その反動で、今日、日曜日は、ずっとお籠り状態だった。

 

ホームドラマ専門チャンネルで 『金曜日の妻たちⅢ』

 

を一挙放送していたので、イッキ見してしまった。

 

 

とまあそんな感じで、今後は多くの神の子達を家に招き、

 

たくさん神の反映を見てゆくつもりである。

 

友人の誰々さん、とか、経理課の山田部長が、とか、

 

お気に入りの服とか、どこどこのスイーツとか、

 

もう、そんな風に人や物事を見ることはない。

 

全てを神の心の反映として観てゆく。