香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

全自動だよ、人生は

f:id:shusaku1:20200124015638j:plain

👆 歯医者の受付の窓から 👆

 

今日は近所の歯医者へ、

 

歯のクリーニングとホワイトニングをしてもらいに行った。

 

歯医者がちょうどゴールドジムの隣にあるので、

 

ジムでガンガン筋トレをした後、歯医者へ行った。

 

通常は二回に分けて施術をするらしいのだが、

 

すぐ香港へ帰ってしまうので、一回でお願いした。

 

結果、3時間ほどかかり、診察台から降りた瞬間、

 

足がふやふやして、歩けなかった。

 

 

ホワイトニングは、回を重ねるごとに効果が出るらしく、

 

今回で三回目の僕の歯は、かなり白くなっているという。

 

でも、施術後24時間はコーヒーやお茶など、

 

色の濃い飲み物は禁止なので、今日はワインも我慢だ。

 

 

ホワイトニングは、歯にブリーチの液を塗ったあと、

 

20分ほど乾燥器で乾かし、それを三回繰り返す。

 

要は髪の毛のブリーチと同じ原理である。 

 

歯科技工士のお姉さんもとても丁寧にやって下さり、

 

さして苦痛を感じることもなく〝愛〟になって過ごした。

 

 

暖かい診察台の上で、ブランケットにくるまり、

 

〝神の愛=自分〟状態になっていたとき、

 

唐突に、また小説を書きたい、と思った。

 

そして、ああそうか、と気づきが〝上がって〟きた。

 

f:id:shusaku1:20200127002613j:plain

👆 このうらぶれ感がたまらない! 👆 

 

普段の日常の中で、

 

見るもの、聞くもの、考えるものの裏にある神に気づき、

 

その神の想いこそが自分だった、と、理解が起こるときの、

 

〝神の想い〟は、〝好き〟という思いの中にある、

 

ということである。

 

 

僕は小説を書くのが好きである。

 

どうして好きか、と言われても、答えようがない。

 

売れっ子作家になって印税で暮らしたい、とか、

 

自分の作品を本というカタチで世に残したい、とか、

 

そういうスケベ心も少しはあるかもしれないが、

 

たとえ、世に出なくても、小説で食べてゆけなくても、

 

やっぱり、そんなことを超えて書くことが好きなのである。

 

自費出版で少数の人に読まれるだけでハッピーだ。

 

 

この説明できない、ただ〝好き〟という思い、

 

これこそが神の想いである。

  

f:id:shusaku1:20200130125026j:plain

👆 どやっ!👆 

 

恋人やパートナーを愛してる、という思いも、

 

なんで、その人が好きなのか、と訊かれれば、

 

優しいから好き、とか、ルックスがいいから好き、

 

と説明するだろうが、本当はそんなの後付けで、

 

根底に〝好きで好きでたまらない〟という、

 

強烈な愛の衝動が流れているから好きなのだ。

 

それについて、説明なんかできない。

 

別の例を挙げると、

 

かっこいいから、尊敬されるから、パイロットになった、

 

ではなく、

 

なんでかわからないけど、何より飛行機が大好き、

 

空港に来ただけで胸がワクワクする、

 

というパイロットの人は神に気づいている。

 

または、なにしろ自分は怪獣が好き、

 

寝てもても覚めても怪獣のことを考えている、

 

理由なんかない、というマニアの人、そして、

 

あのアイドルを推すのに命を懸けている、というオタク、

 

など、

 

この理由のない好き、という思いこそが神の愛であり

 

神が僕たちを好き、という思いと全く同じものである。

 

この〝説明できない好き〟に気づくこと、

 

それが神に気づく、ことの本質である。

 

 

逆に言えば、

 

説明できる〝好き〟は、神ではないということだ。

  

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

なので〝わけもなく強烈に好き〟を持っている人は、

 

神の愛に気づいていると言える。

 

自分が、人や、趣味や、仕事を、好きと思っている

 

それ以上に、自分は神から愛されている。

 

それがわかると、何があってもなくても幸せ、

 

お金があってもなくても常に平安、となる。

 

ていうか、心が実質の方を見はじめると、

 

おのずと全自動シュワシュワも変化し、

 

現実も変化せざるを得なくなる。

 

 

 

たとえ、思考の自分が拒否したいようなことが起こっても

 

ここで起こっていることが愛であり完ぺきだ、とわかる。