香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

大好きが止まらない

f:id:shusaku1:20200211021946j:plain

 👆 ラッシュ時の列車内。客はまばらだ 👆

 

 

〝誰かを赦すとき、その人が何かをしたからではなく、

 

    実はなにもしなかったからこそ赦すこと。

 

    何もしていない相手を赦すのだから相手に罪はない。

 

     相手に罪がないと思うなら、自分にも罪はない。〟

 

 

という 『イエスとブッタが…』の一説を、ふと思い出した。

 

相手が何もしてはおらず、罪もないのであれば、

 

相手は実存ではない、ということになる。

 

そういう意味で、赦しって、赦すべき相手などいない、

 

ということを知るためにあるのだ、と今なら解かる。

 

f:id:shusaku1:20200211021953j:plain

 

最初に思考があり、それが感情を作る。

 

葛藤、悲観、判断、批判、といった思考自体は、

 

ただシュワシュワ勝手に上がっているだけで

 

最初から実在ではなく、ましてや自分でもないので、

 

反応せずにただ見送っていればいいだけなのだが、

 

その思考を〝自分が思っている〟と捉えてしまうと、

 

無いはずの自己を実存させてしまうことになり、そこから

 

怒り、悲しみ、動揺、罪悪感、といった感情が生まれ、

 

その感情が記憶、すなわち過去を形成する。

 

 

そうなると次は、

 

あの時、私は、あいつから、ああいう仕打ちを受けた、

 

だから、いつかあいつに、こう仕返ししてやろう、といった

 

未来に対する妄想劇場が立ち顕れてきたりする。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 なので、何もしない赦し、というのは、

 

ただ、在る。

 

いま、この瞬間だけに在る。

 

ただ、神が在るだけ。

 

それしかない。

 

どんな思考がシュワシュワ立ち上がっていようと、

 

外でどんな事が起こっていようと、そんなのは無視して、

 

いま、ここに在る神だけに一点集中で、ここに在る。

 

 

やがて、自分が自分を観ているような感覚になり、

 

最後は、観られている神こそが真の自分だった、となる。

 

言いようのない歓びと平安に凌駕されたとき、

 

観ていると思い込んでいるニセモノの自分は消え、

 

神の悦び(愛)そのものになる。

 

 

これはファンタジーではない。本当にそうなる。

 

実際には、急に神の愛に転換はできないので、

 

一日の内で、少しづつ、ゆったりした心地よい時間を作り

 

そこから、在る、だけに繋がる練習をしてゆく。

 

沈黙して、静かにしていると、本当にその〝感じ〟が

 

感じられてくる。

 

それが、何もない赦し、となる。

 

 

というわけで、

 

今日は一日、徹底的に、神に在る、を意識して過ごした。

 

そうすると、昨日みたいな、

 

〝事務所で大好き口ばしり事件〟みたいに、もう、

 

だい好きーっ!が、ほとばしり出てくる。