香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わたしにとっての自我

f:id:shusaku1:20200229222838j:plain

👆 路面電車の停留所が可愛いすぎる!👆

 

もしあなたが、

 

今実践している方法を〝苦行〟と感じるならば、

 

その方法は〝あなたにとって〟の自我である。

 

 

僕のことでいうと、

 

まだ、神がここに在ることを〝体験〟していなかった頃は

 

日常生活で起こる様々な問題に対する動揺や、

 

人間関係からくる葛藤を感じるたび、

 

そこから湧き上がってくる罪悪感を見つめ、

 

それは起こっていなかったことを聖霊に教えてもらう、

 

という〝赦し〟をやっていたのだが、今思い返せば、

 

それが〝苦行〟だったか、と言えば、そうでもなかった。

 

もちろん、動揺の真っ最中は、怖いし、腹も立つし、

 

鬱々として、苦しいのは苦しいのだが、

 

それでも、赦した後は大抵、神の想いが上がって来たし、

 

赦しの対象が、愛に変わるのを体験し始めて以降は、

 

罪悪感を見つめる行為は、僕にとって苦行ではなく、

 

神に出会うためのツールとなり、自我ではなかった。

 

しかし、もし、同じやり方で、どんどん闇にハマり、

 

また、ちゃんと赦せない自分を責めてしまうのなら、

 

それは、その人にとって苦行であり、自我だと言える。

 

 

そういう〝ドツボ〟にハマってしまったら、

 

とりあえず、その方法を止めることだ。

 

全部やめ、

 

スーパー銭湯へでも行ってゆっくりお湯に浸かったり、

 

ネットショッピングをしたり、近くをドライブしたりして、

 

何しろ、心地よいことをして過ごせばよい。

 

そうやって、神の想いを取り戻すのだ。

 

自我を隠ぺいしている、という囁きが聞こえてきても無視!

 

それこそが自我の囁きだ、と今なら断言できる。

 

なぜなら、隠ぺいするもなにも、

 

罪悪感や自我など、はなから存在すらしていないから…。

 

f:id:shusaku1:20200228112814j:plain

👆チャーター銀行発行の50ドル札が美しすぎる!👆

 

というわけで、今日は土曜日、うだうだ過ごしている。

 

日本では安倍総理による、

 

来週からの一斉休校やイベントの自粛要請で、

 

日本中が大混乱しているようだが、

 

デモとウイルスの連続打撃を経験している香港では、

 

こんなの、もうみんな、とっくの昔に慣れっこである。

 

まあ、独身の僕としては、ジムも、カフェも、交通も、

 

どこへ行ってもがら空きなのでラッキー、てな感じである。

 

それに、おうち大好きな僕としては、ずっと家にいろ、

 

などと政府から言われれば、それこそ大喜びなのだ。

 

不謹慎かもしれないが、出張へも行かなくていいし、

 

個人的にはいいことずくめである。

 

そのように、外的活動を制限されている今だからこそ、

 

自分の内側に在る神とじっくり向き合い、

 

ゆっくり、内的活動を楽しんでみてはいかがだろうか。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com