香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

気づいてテンパる

f:id:shusaku1:20200311190539j:plain

 

今日の夕方遅く、みずほ銀行の担当者を訪ねた帰りに、

 

みずほ銀行が入っているビルの展望台へ行ってみた。

 

チムサーチュイイーストにある〝K11(イレブン)〟は、

 

有名な建築家によってコーディネートされた、

 

超スタイリッシュなビルで、ビルが丸ごと芸術作品、

 

フロア全体にアロマのよい香りが漂っている。

 

f:id:shusaku1:20200311190527j:plain

 

シックにライトアップされた展望台には、

 

身体を横たえられるクッションがいくつも配置され、

 

幾組ものカップルが摩天楼を見上げながら話している。

 

僕も空いているクッションに身を横たえ、

 

しばし、流れているヒーリング音楽に耳を傾けつつ、

 

ぼーっと放心状態で過ごした。

 

 

風が心地よい。摩天楼も美しい。檸檬のような甘い匂い。

 

今、ここに在る神の平安と愛の流れに身をゆだねる。

 

今晩は何を食べようか、明日はあれして、これして…、

 

という思考にさえ抵抗せず、そのまま流れるに任せる。

 

自分は今、神の中にいるのだな、と思いながら…。

 

そうすると、なんだか、何を見ても有難くなってきて、

 

怒涛の大好きーっ、が溢れてきて、ちょっと泣いた。

 

 

その後、自宅のあるコーズウェイベイへ戻った。

 

途中、アイスクリーム専門店 Via Tokyoで、

 

生クリームソフト〝CREMIA(クレミア)〟を発見!

 

日本のショッピングモールでよく売られているやつで、

 

なつかしさに駆られ、ひとつ買って食べた。

 

濃厚なのにくどくなく、甘すぎず、まさに神の味であった。

 

f:id:shusaku1:20200311195734j:plain

👆 味はホンモノだが、コーンが日本のCREMIAと違う。

 

今は、出張がないので、仕事も落ち着いているが、

 

以前は、やることがたくさんありすぎてパニクッたり、

 

真っ赤に焼けた炭のようになってパソコンを睨んでたり、

 

明日の会議の事で憂鬱になったりすることがよくあった。

 

 

そんなとき、昔の自分なら、

 

神から離れて幻想に埋没している自分に嫌悪し、

 

〝もう、こんなんいやや。早く神の平安に戻りたい〟、

 

と、必死で今の状況から逃げ出そうとしていたが、

 

〝何をしている時でも神の中〟が入ってしまった今では、

 

パニクったり、焦っていること自体に法悦を感じている。

 

f:id:shusaku1:20200311191707j:plain

  

仕事でも何でも、何かから逃れたい、と思っている時、

 

その何かは〝神〟であり神から逃れたいと思っている。

 

 

テンパりながらやっている仕事に対する〝焦り〟、

 

攻撃されるのではないか、という〝恐怖〟、

 

あいつ、ムカつくーッ、という〝怒り〟、など、

 

今ここに在る神に抵抗せず、その思いの中に在ることで

 

本当はそれらが神の想いだったことに気づいてゆく。

 

神だけが実存であり、それ以外は真実でないのなら、

 

仕事でテンパっていようが、恐怖でガチガチでいようが、

 

全てが神でなければおかしいことになる。

 

 

そして、今、ここに在る焦り、恐怖、いら立ちに抵抗せず、

 

それらを神として受け入れてゆくと、不思議なことに、

 

なぜか、そういった状況が実際に消えて行ったりする。

 

(👆 消えていかないこともあるのであしからず…)

 

現実を変えたいという自我から変わるのではなく、また

 

状況は変わらないが見え方が変わる、というのでもなく、

 

単に、当然のように、普通に現実が変わってしまう。

 

(👆 変わらない時もあるのであしからず…)

 

考えても見てほしい。

 

赦されている神の子が、苦しみながら神に戻るなんて、

 

それこそウソだろう。 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

離れたい、というその想い自体が神への抵抗であり、

 

逃れたい、と思っているその対象こそが神だったと、

 

気づきながら、仕事をし、家事をし、生活するのだ。

 

 

認知症の僕の父親が、よく母親を泥棒と勘違いして、

 

「俺の金、返せーっ!」と怒鳴ったりしているが、

 

要は、これと同じ勘違いを、

 

僕たちは、神に対してもやっているということである。

 

 

自分は重度の認知症だった。

 

しかし、重度の認知症であることに気づいた時点で、

 

それはもう正気だ、ということである。