香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

バシバシバッシング

f:id:shusaku1:20200310083720j:plain

 

毎月出張しているフィリピン工場が、新型肺炎の影響で、

 

今日から4月13日まで操業を停止することになった。

 

フィリピン政府が、マニラ周辺のみだった都市封鎖を、

 

ルソン島全体に広げたための措置で、

 

従業員は全員、今日から自宅待機となり、しかも、

 

その間の給料は出ず、無給休暇になるのだという。

 

事務職の給料が3万円くらいなので、生活は大変そうだ。

 

香港支社の売り上げも今月辺りから減少すると見られ、

 

これから経済にも影響してくるのかな、と思ったりする。

 

 

それで、

 

仕事に余裕があるこの時期に有給を消化しておこうと、

 

今週金曜日本の祝日に合わせて休暇を取ることにした。

 

休校、自宅待機、移動自粛、イベント中止、など、

 

今回のウイルス騒動は、外向きだった意識を内側へ向け

 

自分の心としっかり向き合う良い機会なのかもしれない。

 

f:id:shusaku1:20200310182306j:plain


 

話は変わって、

 

神への否定を否定する、とコースでは言われるが、

 

神を肯定できるようになる前に、自己の否定を否定する、

 

つまり、自己を肯定できるようになることが先決だ、

 

と思い始めた今日この頃である。

 

 

「自分なんかどうせ…。」「なんでいつも、自分だけが。」

 

「他の人に比べて自分は。」「人にどう思われるだろう。」

 

「相手に合わせてしまう自分が嫌い。」「人が怖い。」

 

 

自分を否定することは、自己の中にある聖なる部分、

 

つまり、神(霊)を否定してしているのと同じなので、

 

そういう意味で〝私なんか〟という意識は、

 

神に対して、ものすごく傲慢な姿勢である、と言える。

 

f:id:shusaku1:20200308155611j:plain

 

日本には、

 

自己を卑下して他者を立てる、という謙遜の文化がある。

 

褒められれば 「私なんか、まだまだです。」と言い、

 

昔の親は自分の息子を〝愚息が〟と紹介したりする。

 

これは、相手の自尊心を傷つけないように、という、

 

心遣いから来ている行為でもあるが、学校や家庭で、

 

この謙遜の文化を散々叩き込まれて育った僕達は、

 

無意識のうちに、人より自分を下に置いて考えてしまう

 

習慣を身につけてしまった。

 

 

なので、コースを学習する上で、

 

自分責め傾向の強い日本人は、何はさておき、

 

自己肯定感を高めることが必要である、と思うのだ。

 

自分を責めながら神へ戻ろう(赦そう)とするのは、

 

神を責めながら神を求めているのと同じで、徒労だ。

 

 

もし、頭の中で自分を批判する声が聞こえたら即座に、

 

「それはウソだ!」「だからどうした?」「自分は霊だ!」

 

と、先ずは、自己へのバッシングを遮断してやる。

 

最初は意味もなく、機械的にやっていてもかまわない。

 

続けるうち、心の軸が〝いま〟へと戻ってくる。

 

それから徐々に、私(神)なんかだめだ、という抵抗を、

 

いま、ここに在る神の想いの流れへと委ねてゆく。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕も、自分に対するバッシングを意識的に止めてから、

 

世界が本当に優しくなり、神を受け入れ易くなった。

 

 

友人と食事に行って、それぞれ違うメニューを頼み、

 

「これあげるから、それ一切れちょうだい」或いは

 

「私、これ食べられないからもらって。」と言われて、

 

内心イヤなのに断れない、といった些細なものも含め、

 

〝和を保つ〟という名目のもとに行なってきた、

 

微妙な自分責めの数々をしっかり見て、

 

それをちゃんと否定してやることで、心を癒してゆく。

 

 

ここは、自分が作って見ている夢の世界なので、

 

(神が作った世界ではないので)、

 

それをやめることを選べるのも自分だけなのである。