香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わたしはまだまだ

f:id:shusaku1:20200311195410j:plain

 

最近ふと思ったのが、ひょっとして僕たちは、

 

赦しの実践、というツールを使って、無意識のうちに、

 

天国への帰還をわざと遅らせているのではないかと…。

 

 

〝まだまだ、自分には赦すべき幻想がたくさんある〟

 

〝まだまだ、こんな自分が神になど至れるわけがない〟

 

〝まだまだ、自分には時間が必要だ〟

 

〝まだまだ、自分は罪悪感を信じている〟

 

そう思うことで、

 

〝ああ、よかった!まだ帰らなくていい。〟

 

と、安心していられるからだ。

 

 

今すぐ、父が待つ故郷へ永遠に帰還できる、となったら、

 

〝いやいや、ちょっと待って、今はまだ…〟となるのに、

 

それが10年後だったら〝ああ、それなら安心〟となる。

 

天国へ帰還するために赦しを実践しているのに、

 

今、ここに天国がありますよ、さあ、帰りましょう、

 

と言われると、私なんかまだまだ、となってしまうのだ。

 

要するに、いま、ではなく、神に対する心の準備が整い、

 

〝はい、今ならいいですよ〟と自分が合図を送った時に、

 

帰りたい、と思っている。(笑)

 

 

この〝私なんてまだまだ〟意識が根底にあると、

 

どんなに赦しの実践をしても夢からの脱出は不可能だ。

 

なぜなら、どこまでやっても、まだまだ、だから…。

 

帰還を遅らせる為に赦しをしているなんて、そんなの、

 

悲劇を通り越して、喜劇だようー。

 

 

そこで、

 

神を体験するということが決定的に重要になってくる。

 

神を体験する、といっても、そんな大げさなことではなく、

 

神の不変で優しい愛の想いが、

 

今見えているものの中に、今聞こえているものの裏に、

 

絶えず流れていることを、じっと〝観る〟だけである。

 

それはもう、すでにここに在り、そして、これしかない。

 

f:id:shusaku1:20200311192015j:plain

 

ほら、お父さんがずっと離れず、ガン見してるじゃん!

 

それに何より、見えている人、モノ、全てが愛じゃん!

 

聞こえてくる喧騒や物音、全てが神の歌じゃん!

 

もう帰ってるじゃん、故郷に…。

 

なのに、僕たちは、自分の眼前1センチのところで、

 

食い気味にのぞき込んでくる神を見ようとせず、

 

本来ない罪悪感ばかりにフォーカスし、

 

赦そう、赦そう、と、日夜奮闘してはいないか?

 

 

僕は決して、赦しなど必要ないと言っているのではなく、

 

神を体験し、全部神だった、自分も神と同じだった、

 

ここが天国だった、と、気づくために赦しはあり、

 

そうなっている状態こそが、真に赦している状態だ、

 

と思うのだ。

 

それに、自分がどこにいるかに気づいた兄弟は、

 

夢の中であろうと、何であろうと、否が応でも、

 

豊かにならざるを得ない。すでに神を知った神の子が、

 

家賃が払えない夢を見ているなんて、あり得ない。

 

 

なのに、この世界で豊かになることを望んでいる自分は、

 

まだ自我の世界を放棄できていない、と思ったりする。

 

放棄すべきなのは、その思考であって、豊かさではない。

 

放棄すべきなのは、勘違いの方であって、神ではない。

 

👇 聖霊の訂正を受け容れるとは、

  いま、この瞬間に在る神に抵抗しない、

  ということだった、と、今なら解かる

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

幸せな夢は、

 

赦し終えたあとの〝いつか〟に訪れる訳ではない。

 

幸せな夢は、今、もうここに在り、そして、ずっと在る。

 

 

だから、

 

いま、ここに在る父を避ける為に赦しをするのではなく、

 

いま、ここに在る父を受け入れるために赦すのだ。