香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

スモールモヤモヤ

f:id:shusaku1:20200330201503j:plain

 

〝二時間並んで買えたマスクがたったの7枚!〟

 

〝彼女がウラで、私の事をあんな風に言ってたなんて〟

 

〝今日着て来たこの服、ちょっと失敗だったかも…〟

 

〝この事をあの人に知られたら、またなんか言われる〟

 

〝今月の支払いどうしよう。第一私の給料は安すぎる〟

 

 

僕たちは、

 

何かしら〝モヤモヤ〟しながら毎日を生きている。

 

これが自分の人生を一変させるような一大事だったら、

 

何はともあれ、腰を据えて赦そう(解決しよう)とするが、

 

上に書いたような不快感は、もう普通になりすぎて、

 

「ま、そのうち…」と普通にスルーしてしまいがちだ。

 

しかし、こういった〝スモールモヤモヤ〟こそが、

 

僕達がいかに狂っているかを知るためのカギとなる。

 

f:id:shusaku1:20200326002206j:plain

 

前回の記事で、あるドキュメンタリー映像を紹介した。

 

87歳で認知症のママリンは、自分が囚人だと思っており

 

一体自分は刑務所に入るようなどんな罪を犯したのか、

 

と、何度も何度も自分の娘に問い続ける。

 

その都度、娘が、ここは刑務所ではなく、自分の家で、

 

ママは囚人でもなんでもない、と根気よく教える。

 

しかし、娘が質問にひとつ答えるたびに、

 

「ここはどこ?あんた、だれ?」とママリンは聞き返す。

 

そのたびに娘は 「あなたの娘の章子です。」 と答える。

 

 

さっき、ご飯を食べたばかりなのに、まだ食べてない、

 

と駄々をこねる認知症の老人を見て、

 

もうちゃんと食べましたよ、と微笑みながら言えるのは、

 

僕たちが、それは真実ではないことを知っているからだ。

 

これと同じで、大嫌いなあの人が私を攻撃してくるーっ、

 

と苦しむ僕たちを見て、それは起きていないよ、と、

 

微笑みながら平然と聖霊兄貴が言えるのは、

 

認知症の老人に対する僕たちのスタンスと同様、

 

本当に起きていないと分かっているからなのだ。

 

 

要するに、

 

「また、あの人から、嫌なことを言われた。」

 

と、日常生活の中で僕たちがモヤモヤするのと、

 

「自分は刑務所に入るようなどんな悪いことをしたのか。」

 

とママリンが思うのは、

 

全く同じレベルのことを言っており、

 

どちらもただの思い込み(認知機能障害)である。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

「あなたの考えることは何から何まで間違っていて、

 

 全部ズレまくっているので、もう、一切、金輪際、

 

 考えていることを本当だと思うことをやめなさい。」

 

と、聖霊兄貴から警告が入る。

 

考えることを止める、のではなく、

 

考えていることが本当だと思い込むことを止める、

 

というのがミソで、考えを止めようとすることよりも、

 

考えていることは、認知症の症状が出ているのだ、と、

 

見破ることが先決なのだ。

 

 

僕が軽度の認知症である父と話しているとき、

 

父が、頭の中で思い込んでいる妄想の方ではなく、

 

僕が言っていることを信じてくれたら、

 

父はどんなに楽で平安だろうか、と思うのだ。

 

これと同じことを兄貴も思っている。

 

〝あなたが考えていることは何から何まで全部、

 

 トンチンカンでズレているのだから、

 

 それに気づいた時点で、こちらに一切任せなさい〟

 

と…。

 

 

イラっとする上司にイラっときたとき、

 

忙しすぎて頭がくらくらするようなとき、

 

子供の生意気な態度にカッチーンッときたとき、

 

こんな自分はダメダメダメ、とヘコみそうになったとき、

 

あ、これって、認知症の症状が出ているんだな、

 

と〝認知〟してゆくのだ。

 

正気への第一歩は〝認知すること〟から始まる。