香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

みんな、気は確かか?

f:id:shusaku1:20200405013829j:plain

 

今日は一日中書斎で過ごした。

 

留学していた時に自分で作った広東語やベトナム語の

 

会話集ノートを見ながら語学の復習をしたり、

 

小説の新作プロットを作ったりして過ごした。

 

 

僕は一人で家にいるのが大大大好きなので、

 

自分の部屋だけは、少々お金をかけても、常に快適で、

 

居心地のよい空間にしておきたいと思っている。

 

そのため、チョイ姐に来てもらったり、

 

インテリアや間接照明にとことんこだわったり、

 

不用な物を捨て、部屋にモノを置かないようにしている。

 

f:id:shusaku1:20200405013807j:plain

 

ここのところ、

 

認知症シリーズが続いているが、まだまだ行くぜいっ!

 

 

日頃、僕たちがイラついたり心配したりしていることは、

 

全て認知症の症状だ、ということである。

 

 

〝なんでアイツだけ昇進するんだ。モヤモヤ…〟

 

〝なぜか自分だけ無視されている。ドキドキ…〟

 

〝頭痛いって言ってるのにメシ作れって?ムカムカ…〟

 

〝仕事が見つからなかったら破滅だ。ゾワゾワ…〟

 

これって聖霊兄貴から見れば、認知症の人が、

 

〝アイツがいつもオレの財布から金を盗みよる。〟

 

〝妻が味噌汁に毒を入れてワシを殺そうとしている。〟

 

〝夫が息子の嫁と浮気をしている。〟

 

と訴えているのと全く同じレベルに見えている。

 

 

僕たちが、認知症の家族に、いくらそれは起こってない、

 

と言っても本人は全く聞き入れずに反抗するのと同じで、

 

僕たちもこれと同じ事を兄貴に対してやっているのだ。

 

 

現在の医療で認知症を完治させるのは難しいが、

 

もし、完治するとして、その過程を追ってみると、

 

自分は認知症だったと気づく👉何も起こってなかった👉

 

泥棒だと思ってたけど彼は私のお父さんだった👉

 

自分は彼の子供だったんだ👉よかったあ👉愛と感謝

 

とまあ、こんな感じなのではないだろうか。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

じゃあ、正気に戻るためにどうすればいいのかと言うと、

 

実践すべきことは二つである。

 

一つ目は、イライラ、ドキドキ、モヤモヤ、が湧いた時

 

「ああ、これは認知機能障害なんだ」と察知すること、

 

そして二つ目は、愛と感謝にフォーカスすることである。

 

認知症患者の完治した段階が愛と感謝であるのなら、

 

例えば、家族や友人に、小さな愛や優しさを感じた時、

 

見知らぬ人から親切にしてもらって有難うと言った時、

 

部屋の床に反射する木漏れ日に美しさを見出した時、

 

そこへぎゅーっと焦点を合わせることで正気へ戻るのだ。

 

本当に起こっていると思っている時には気づかなかった

 

小さな喜び、ちょっとした親切、それが正気の姿だ。

 

 

決して認知症の人を侮(あなど)るなかれ!

 

彼らこそが、僕らの今の姿を代弁してくれている。

 

まさに、認知症の人見てわが振り正せ、である。