香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

いまの感触

f:id:shusaku1:20200326002135j:plain

 

今日はマッサージに行ってきた。

 

もう15年来の付き合いになる按摩師のウィンさんには、

 

肘や甲や関節を使わず、指だけで揉んでもらっている。

 

指だけの施術を2時間も続けると、指自体が疲労して、

 

マッサージ師には大変な負担になるのだ、と、

 

昔、さおちゃんに教えてもらってからは、

 

肘や手の甲も使っていいよ、と言っているのだが、

 

ウィンさんはいまだに指だけでやってくれている。

 

なので感謝の意を込め、マッサージ料金以外に、

 

いつも、5000円ほどチップを渡している。

 

 

マッサージをしてもらっていて常に思うのは、

 

肉体の気持ちよさ、肌に感じる快感というのは、

 

今この瞬間に集中していないと感じることができない、

 

ということである。

 

マッサージの最中、何か他の事を考えていたりすると、

 

指で押されている一点、一点、の感覚に集中できず、

 

気持ちよさが〝から滑り〟してしまうのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚といった5感のうち、

 

視覚と聴覚は、再生可能な感覚である。

 

古い友人の顔を、いま、思い浮かべることはできるし、

 

音楽なんかも、いま、頭の中で再生できたりする。

 

匂いや味も、運子ちゃんの匂いや、梅干しの味など、

 

視覚や聴覚ほどではないにせよ、なんとなく、

 

記憶からくる感覚として思い出すことができる。

 

しかし、皮膚感覚というか、肌に感じる感触や触感は、

 

それを感じているその瞬間にしか再生されない。

 

過去の記憶として感覚化させることが不可能なのだ。

 

 

それって、ある意味〝愛〟だと思う。

 

もし触覚が、視覚や聴覚と同様に再生可能であれば、

 

過去に味わった痛みを何度も体験してしまうからだ。

 

 

〝気持ちよさ〟は、ハートの悦の感覚に最も近いので、

 

マッサージのように、皮膚の気持ちよさに集中していたり

 

逆に、肌に感じる感触などに意識を集中させることで、

 

いま、この瞬間へ意識を戻すことができる、と言える。

 

f:id:shusaku1:20200406024338j:plain

 

先週、妹からマスクがないとLINEが入った。

 

三日連続で2時間並び、やっと買えたのが7枚という。

 

香港では、中国で生産され、輸出が禁止されている

 

日本向けのマスクが出回っているので、とりあえず、

 

60枚入りのやつを二箱、FEDEXで送った。

 

 

というわけで、

 

あと、4日働けば、香港はイースターの休暇に入る。

 

本来なら、更に有休を取って台湾へ行くつもりだったが、

 

香港でおとなしくしていることにする。