香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

消えゆく時空


↑紅燒牛肉麵。酢っぱ辛いスープが激ウマ。
 汁も全部飲んだ。6人民元(100円)


先週木曜の午後、

佛山へ移動するため少し早めに香港事務所を出た。

昼休みにフェリー乗り場近くのジムで筋トレをする。

肩と胸を中心に鍛えたあと、ヴィ瞑想でフィニッシュ。

ランニングマシーンで腰ねじりウォーキングもする。


フェリーの時間までまだ少しあったので、

ジムのサロンでコーヒーを飲みながら、

何気なく『奇跡講座』を開いたら、

バーンと次の言葉が目に飛び込んできた。


〝誰のことをも、

 聖霊の導きを通さずに知覚してはならない。

 何が彼らの実相であるか、

 それを知る存在に尋ねなさい。〟

(『奇跡講座』の真ん中くらい)


先日のエドモンド挨拶事件以降、

赦しのステージがバンと変わってしまった感がある。

常に聖霊に導かれている安心感のようなものが、

心の中心にどしっとあり、

たとえ個の自分が何を言っても、何をやっても、

それに囚われてウジウジすることはなく、

すぐに〝赦すだけモード〟になれる。

故郷へ帰っていくために、いま、自分がやるのは、

ただ訂正を受け入れることだけなのだ。


そんなこんなで、5時半ごろ順徳の港に着き、

迎えの車でホテルへ向かったのだが、途中、

高速、一般道ともにものすごい渋滞に巻き込まれた。

普段はホテルまで40分ほどの道のりなのだが、

2時間半もかかってしまった。


見れば、多くの自家用車に混じって、

何十台というコンテナーを積んだ大型トレーラーが、

列をなしている。

土曜から始まる国慶節(建国記念日)の連休に備え、

今週中に港で荷物を通関してしまおうと、

中国中の工場が商品を出荷しているのだ。

それに加え、国慶節の間は、

中国の高速が全て無料になるということで、

日本なんて比にならないほどの渋滞が予想される。


社用車の運転席で、

若い新米の運転手がイライラしている。

僕はと言えば、

車中にいる今をただ〝見過ごして〟いた。

肉体が車中に在るか、ホテルに在るか、

という違いだけで、どっちが良いとかもない。

腹減った、疲れた、という判断もなく、

消えるに任せながら〝ここに〟いた。


ホテルに着く。

いつものイスラム食堂で麺の食事を取った。

そう言えば今日初めての食事…。

乗り物に長時間乗り続けていたためか、

脚がカチカチになっていたので、

ホテル内の足マッサージ店に行った。

揉まれている足の気持ちよさに集中していると、

身体に感じる触覚に意識を集中している間は、

ちゃんと〝今にいれている〟ということに気づいた。

意識が過去の記憶の中に迷い込んだり、

未来の不安の中から抜け出せなくなっているとき、

身体に痒さや寒さなどを感じることで、

〝はっ〟と我に返ることがよくあった。


エゴのフィールドが過去や未来とするならば、、

聖霊の祭壇がある場所は〝いま〟である。

幻想の肉体に感じている感覚を利用して、

聖霊を思い出す。


全てが一度に起こっている今という場所は、

兄貴が全てを一度に訂正し、取り消す場所なのだ。


ホテルの部屋に戻ると、本社の管理本部長から、

翻訳依頼のメールが来ていた。

機密事項なので通訳は通せないという。

それも、明日までに…。

赦す。

結局、この日寝たのは夜中の3時だった。