香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自分を癒す

f:id:shusaku1:20200410231313j:plain

 

今日は家でお籠りの一日だった。

 

昨日のウェブトレで習った腹筋や背筋トレをやった後、

 

古い広東語のノートを持ち出して語学の勉強をした。

 

最近、家では日本のテレビばかり見ているし、

 

会社でもEDWARDとしか広東語を話さないので、

 

広東語の微妙な表現ができなくなってきている。

 

 

その後、小説のプロットを考えながら午後を過ごした。

 

僕の場合、物語のプロットとトーンを緻密に立てたら、

 

あとは一気に、がーっ、と書き上げるタイプなのだが、

 

それでも、登場人物のキャラが立ち始めると、

 

彼らが勝手に動き出し、大概プロット通りにはいかない。

 

f:id:shusaku1:20200410231308j:plain

 

先日、小指を私だと思っている、という話をしたと思うが、

 

そこから派生して、へんてこな〝たとえ〟を思いついた。

 

 

例えば、足の小指をタンスに思いっ切りぶつけたとする。

 

見れば、爪は剥がれ、皮膚は紫に腫れあがり、と、

 

あまりの痛さに、テレビを見ていても、食事をしていても、

 

意識は足の小指の痛さだけに一点集中してしまい、

 

他のことには、ほとんど意識が及ばなくなる。

 

まるで、小指が私の全てになってしまったかのようだ。

 

 

そんな中、タンスに足をぶつけたことを後悔したりする。

 

別のルートを通っていればこうはならなかった、とか、

 

これは何かの因果でバチが当たったのだ、とか、

 

また、こんな所にタンスがあるからいけないんだ、と、

 

怒りに任せ、タンスに向かってモノを投げつけたりする。

 

f:id:shusaku1:20200410231317j:plain

 

で、なにか心配事や厄介事を抱えているときというのも、

 

多分、これと同じ状態なのではないか、と思ったのだ。

 

心配事や悩みが〝わたし〟そのものになっている。

 

これは幻想だ、と赦そうとしても、先にその痛さを

 

実在させてしまっているので、赦すことなんかできない。

 

 

こんな時、僕の場合、赦す前にいくつかやることがある。

 

先ずは、赦そうなんて考えず、思い切り、痛がる。

 

苦しさの中に100%入ってじっくり向き合うのだ。

 

或いは、いま、この瞬間にいて、ただ抵抗せずにいる。

 

または、酒を飲むとか、映画を観るとか、按摩に行く、

 

など、なにかちょっとした心地よいことをする。

 

痛み(葛藤/動揺)を、赦すことで癒そうとするのではなく

 

先ず赦せる状態にまで意識を中立に戻すことが重要だ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

今まさにビュンビュン吹きまくっている苦しみの最中に、

 

これは幻想だ、とすんなり明け渡せる人は稀だと思う。

 

 

なので、タンスに足を打ち付けてのたうち回っている時、

 

なにはともあれ落ち着こう、である。

 

抵抗せずにただ在るのみ…。

 

大丈夫、変化し続ける自然の法則通り、

 

ずっと苦しいまま、なんてあり得ないから。