香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

おしゃれな土曜日

f:id:shusaku1:20200418230743j:plain

 

ほんとうに、なんにもしない連休を過ごしている。

 

以前の僕は、

 

プライベートな時間のほとんどを創作に注いでいた。

 

しかし、いまはまだ、何も書けていない。

 

というのも、プロット設定もおおかた決まり、

 

よし、書くぜ、ゴーッ、というところまで来ているのに、

 

ここで書き始めて、もし途中で筆を折ることになったら、

 

と思うと、怖くて最初の一文字を始められないのだ。

 

こんなの誰が読むんだろう、と思うと、もうダメである。

 

めっちゃエロい、スピリチュアルな赦しの小説…。(笑)

 

いつ完成するのやら…。乞うご期待!

 

f:id:shusaku1:20200418230747j:plain

 

話は変わって、今日、無性にピザが食べたくなった。

 

それもピザハットとかのじゃなくて、オシャレなピザ。

 

正確には、オシャレな店のピザ、である。

 

しかし、オシャレなピザ、などと言っても、

 

そもそも言ってる本人がよく分かっていないので、

 

今回も、当然のようにカリスマブログを頼った。

 

 

おお、あるじゃん。

 

それも、僕の家から徒歩20秒のところに…。

 

行ってみると、店は順番待ちの客でごった返していた。

 

ピザの箱とかも、見るからにオシャレっぽいが、

 

順番待ちなんてオシャレじゃない、と思った僕は、

 

そのまま通りをラブラしていると、少し行った所に、

 

小さなイタリアンレストランがあるのを見つけた。

 

メニューを見れば、

 

水牛の何とか、という珍しいピザがある。

 

早速それを注文し、テイクアウトして帰った。

 

f:id:shusaku1:20200418230739j:plain

 👆 中央の温泉卵のような表面を破ると、

   乳製品ぽいのが、どわっと出てきた。

  このピザ、なんなのか、ご存じの方教えて!

 

   

生地はパイ生地みたいで、トッピングはと言えば、

 

乳製品なのは分かるが、クリームでも、バターでも、

 

ヨーグルトでもなく、何とも不思議な感触と味である。

 

しかし、

 

しつこくも脂っこくもなく、さっぱりしていて美味い。

 

おお、これぞ、オシャレな味である。

 

 

とまあ、そんな感じで、近所にはまだまだ、

 

未知なるオシャレが潜んでいそうなので、

 

今後も色々試してみようと意欲を新たにした次第である。

 

 

でも最後に、ほんのちょっとだけ思ったのだが、僕って、

 

オシャレという言葉の使い方が間違っているような、

 

オシャレの意味がイマイチ分かっていないような、

 

そんな気がしないでもない。

 

 

でもまあ、自分は今へんてこな夢を見ているのだ、

 

と、自覚していれば、もう何でもオーケーなのである。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com