香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自分に訊く、兄貴に訊く

f:id:shusaku1:20200503172257j:plain

 

おとといのコーヒーカップ事件以来、エドワードも、

 

もう一人の日本人も、コーヒーを入れてくれたり、

 

僕の代わりに郵便局へ行ってくれたり、と、なんか、

 

腫れ物に触るように、僕に気を使ってくれる。(笑)

 

でもまあ、僕たちはすでに身内みたいなものなので、

 

しばらくするとまた元へ戻るだろう。

 

 

しかし、僕はもう、引き続き彼らが、

 

古いカップでコーヒーを飲んでいたとしても、

 

何とも思わないだろう。

 

(古いカップは即座に処分されてしまったけれど…)

 

なぜなら、自分の中の本音に耳を傾け、

 

緊張しながらも、相手に気持ちを伝えられたことで、

 

隠されていた〝神への逆恨み〟が昇華され、

 

結果、心が納得し、ある種の赦しが起きたからだ。

 

そのために、僕の想いを受け止めてくれた兄弟がいる。

 

そういう意味で、兄弟には感謝と恩義しかない。

 

なので今後、もし逆に、兄弟から想いをぶつけられたら、

 

僕には彼らの想いを受け止める恩義があると思うのだ。

 

 

これはあくまで僕個人の持論なのだが、もし自分の中に

 

ある親しい人に対するモヤモヤやイラッ、が出ていたら、

 

「聖霊、この思いをなんちゃらかんちゃら…」とやるより、

 

直接本人に伝えた方がよっぽど赦せるような気がする。

 

ましてや相手が夫や妻など、特別な人だとなおさらだ。

 

「なんだ、そんなふうに思ってたのか。」

 

チャンチャン、となる時もあれば、

 

「それじゃあ、私も言わしてもらうけどね。」

 

と、ガッチーン、となるかもしれない。  

 

これって、すっごく緊張して怖いけれど、一回やると、

 

心が納得して、一種の赦せている状態になるので、

 

次に相手が何を言ってもやっても、何とも思わなくなる。

 

家族やパートナー等、生活を共にする親しい人と、

 

常に怒りや緊張を感じながらモヤモヤ暮らすなんて、

 

すごく辛いことだと思うし、悲しいことだと思う。

 

だが、そのムカつくぅーっ、という想いは、実際には、

 

パートナーにではなく、神に対して思っているので、

 

パートナーと向き合うことで、神への思いに気づける。

 

だって、自分が〝この人だ〟と思って選んだ人じゃん、

 

ガッチーンやるだけの恩義はあると思うけどなあ。

 

(※って、一体誰に向かって言ってるんだ? 笑)

 

f:id:shusaku1:20200503172231j:plain

 👆 怖そうに見えてどこかカワイイ神様たち

  

そういうわけで、

 

自分に訊くことと聖霊に訊くことは同じである、

 

という事実を体感している今日この頃である。

 

 

以前の僕にとって、聖霊は、自分とは別の、

 

どこか外に在る存在、というふうに感覚化されていた。

 

「この間違った思いを修正してください」 とか、

 

「どうすればいいか教えて下さい」と祈る際も、

 

自分とは別の誰かに呼びかける様な感じでやっていた。

 

もちろん、聖霊は自分の心の中の正しい部分であり、

 

本当の自分を代表していると頭では理解していても、

 

〝訊く〟という行為に対し、どうしても僕たちは、

 

他の誰かに訊くことを自動的にイメージしてしまう。

 

f:id:shusaku1:20200503172245j:plain

 

それでも、ここ最近、、

 

聖霊はもともと自分の心の中にいるのだから、

 

ただ、自分に訊くように聖霊に訊けばいいんだ、

 

ということが理解できて以来、

 

聖霊は自分の中にいて、自分と同じものだ、

 

という体感が起きている。

 

なので、今の僕は、自分を通して聖霊に訊く、というか、

 

自分に訊いているうちに聖霊に繋がる、感じである。

 

 

例えば、今回のコーヒーカップ事件で言えば、

 

「兄貴、この間違った感じ方を愛へと修正して下さい」

 

と、いきなり怒りから神の愛へ振り切ろうとしても無理で、

 

まずは、なんでコーヒーカップごときで怒っているのか、

 

を自分にちゃんと聞いてやって、寄り添ってやる。

 

そのステップを踏むことで、

 

本当は愛を求めてたんだ、本当は神を求めてたんだ、

 

と、本音の核心の部分を認識することができ、

 

そこで初めて〝聖霊兄貴、きたあーっ〟となる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

👇この記事、読んだ人も必ずもう一度読んで!

blog.hoshitani-shusaku.com

 

自分なんてない、怒りもない、世界は無い、と

 

コース兄弟たちは〝無〟にフォーカスしがちだが、

 

それも含めて全部神だった、神しかなかった、と、

 

神を肯定することで、愛も天国もここに在ったことを

 

自分の分身である聖霊に教えてもらえる。