香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦せない想い

f:id:shusaku1:20200503171812j:plain

 

数年前の僕は、

 

起きてくる事象に対して、何らかの思い、例えば、

 

恐怖や、憎悪や、緊張、といった思いが湧いたら、

 

ソッコーで、起こってない、世界は無い、罪悪もない、

 

と、自分に言い聞かせ感満載な赦しをしていた。

 

まあ、そういう時期も、今になって思えば、

 

必要だったのかもしれないが、

 

今は、あんまりやらない。

 

 

なぜなら、

 

ある出来事を見て、様々な思いが錯綜するのは、

 

心の中にそれなりの〝赦せない思い〟があるからで、

 

その〝赦せない思い〟を無視してバンッと否定したり、

 

逆に、神しかない、といきなり究極へ舵を切っても、

 

赦しは起きないことを身に染みて感じているからだ。

 

f:id:shusaku1:20200503171609j:plain

 

神だけが在る、神が全て、というのは真実だが、

 

例えば、本人は安や緊張の真っ最中にあるのに、

 

それでも根性で、神だけがあるーっ、とやって、

 

不安や緊張が、さっ、と神だけに変わるのであれば、

 

今頃、全員父が待つ故郷へ帰還済みのはずである。

 

また、すでにその段階にいる人なら、もう最初から、

 

神の想いを不安や緊張に歪めて感じる、

 

なんていう回りくどいことはしないと思うのだ。

 

 

なので、僕の場合、

 

まずはその〝赦せない思い〟をちゃんと観てやる。

 

誰かから攻撃をされたように感じて怖いのであれば、

 

過去(または前世)のどんな自分が、

 

他者となって自分に会いに来ているのか、を観る。

 

f:id:shusaku1:20200503171219j:plain

 

そしてまた、これが不思議なのだが、そうやって、

 

今、この瞬間に在りながら、本音で自分に語りかけるうち

 

色々な答えや気づきが、ぽっ、ぽっ、と上がってくる。

 

やがて、その答えや気づきは、聖霊兄貴から来ている

 

と感じられてくる。

 

すると今度は、聖霊へ直接語り掛けるようになり、

 

「ああ、聖霊に教えてもらうとはこういうことだったのか」

 

と、直接的な理解が起こるようになるのだ。

 

それで、最後には、

 

ああ、自分は愛を求めていたんだ、愛されたかったんだ、

 

と、この恐怖も、神の愛だったことが理解できたとき、

 

聖霊による、ある種の癒し(赦し)が起こる。

 

 

僕の場合、そうなった瞬間に初めて、

 

起こってない、世界は無い、罪悪もない、が受け入れられ

 

神だけが在る、という言葉が真実として入ってくる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

今日は、昼一番から〝元〟恐怖の部門長会議だった。

 

今ではもう、恐怖は感じないが、緊張はする。

 

しかし、

 

この緊張感は〝神の想い〟として感じられているので、

 

それはもう神であり、緊張感ではなくなっている。

 

妻も、夫も、子供も、上司も、友人も、神だった、

 

となった時点で、

 

彼らは神という〝ひとつ〟に集約され、

 

すでに神という一つの解釈となっている。

 

世界は無い、自我は無い、とは単なる否定ではなく、

 

解釈の入れ替え、の結果なのだと思う。

 

 

これまで、どんな時も、

 

僕たちは神しか感じてこなかったのだ。