香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

デモデモ・アザラク

f:id:shusaku1:20200524225552j:plain

 

香港にまた、不穏な空気が漂い始めている

 

今、北京で行われている全国人民代表大会に於いて、

 

香港での中共に対する抗議活動への対応策として

 

香港での立法及びその執行は、全て中国が直接行なう、

 

という法案が盛り込まれようとしているのだ。

 

これまで香港は特別行政特区として民主主義を維持し、

 

中国でありながら高度な自治を保ってきた。

 

しかし、この法案が通れば、香港の立法会を介さずに、

 

中国が全ての法律を決めることができるようになるため、

 

香港の民主は完全に骨抜きになってしまうことになる。

 

また、香港に中国政府の出先機関を置き、

 

その部門が直接、国家反逆者を取り締まる法案や、

 

YOUTUBE、FB、ツイッター、など、

 

SNS上の個人の言論を監視するネット規制法も、

 

同時に審議されるらしい。

 

この審議は今週木曜に行なわれるのだが、実際、

 

審議とは名ばかりで、挙手を行なって終わりとなる。

 

f:id:shusaku1:20200524225659j:plain


 

それで、今日は、大規模なデモがあちこちで行われた。

 

と言いたいところだが、実際には、コロナ対策のため、

 

9人以上で集まってはいけない、という条例を盾に取り、

 

集団を作っただけで、催涙弾を発射するので、

 

みんな、距離を取って、遠巻きに歌を歌ったり、

 

怒号を上げるくらいしかなす術がない状態だった。

 

 

それでも、もう、これらの光景を〝自我〟とは捉えない。

 

真の前に、催涙銃を持って立っている警官がいようと、

 

怒号を上げている市民たちが目に映ろうと、

 

もう神しか見えなくなっている。

 

警官が神だったら、なんで催涙銃で兄弟を撃つんだ、

 

と言われそうだが、警官が神なのではない。

 

うまく言えないけれど、自分の中に神だけが在るのだ。

 

なので、警官が催涙銃で市民を撃っている、

 

という解釈ができなくなっている。

 

f:id:shusaku1:20200524225720j:plain

 

いや、もちろん僕自身、

 

冒頭に書いたような香港の状況は理解できており、

 

そろそろ香港の生活も潮時なのではないか、とか、

 

香港ドルの定期を解約して米ドルに替えておくべきか、

 

といった、

 

現実的で理性的な判断はきちんと働いている。

 

しかし、その一方で、

 

今、この瞬間の神に抵抗せずに見ていると、

 

やはり、これは消えてゆく夢であり、登場人物も幻想で、

 

ただ、神の愛と平安が輝いているだけに見えている。

 

f:id:shusaku1:20200524225609j:plain

 

目の前で起きていることが本当に悲惨なのかどうか、

 

中国共産党が本当に悪なのかどうか、

 

なんて誰にも分からないし、分かる必要もない。

 

それは、ただの解釈のひとつにすぎないのだから…。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

以前は、愛を求める叫び、に見えていた光景が、

 

今はもう、神の愛そのものになってしまった。

 

その光景が神なのではなく、神だけが在るのだ。

 

 

この神の見え方〝全部が神の感じ〟を、

 

僕の文章力で表現するのは、もう無理である。

 

いつか、順序だてて口頭で話してみたい。