香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ライチ王

f:id:shusaku1:20200524225627j:plain

 

先日飲みに行ったバーのマスターが、

 

日本の〝ベタな〟ウイスキーを買うならドンキがいい、

 

と教えてくれたので、仕事帰りに早速、

 

チムサーチュイのDONDONDONKIに寄ってみた。

 

香港のドンキは日本のドンキとは雰囲気が全然違う。

 

食料品が6割を占め、お惣菜売り場とかあったりして、

 

ほとんど日系のスーパーみたいな様相を呈している。

 

 

で、お酒コーナーを探せば、あった、あった。

 

サントリーレッドやオールド、ジョニグロも並んでいる。

 

ただ、お目当ての角瓶が無かったのが残念だった。

 

そう、家飲みにはこのランクのウイスキーで充分なのだ。

 

毎日、余市や山崎、なんて飲んでたら破産だよう。

 

それで、最終的に、アルコール度数が37度と、

 

比較的マイルドなブラックニッカを買った。

 

f:id:shusaku1:20200525232402j:plain

 

家へ向かって夜の市場を歩く。

 

ドリアンやライチが山と積まれた果物屋の明るい光、

 

刺青をした魚屋の兄ちゃん、花屋のおばちゃん、

 

焼き餅を売る屋台のおばあさん、仕事帰りのOLさん、

 

これまで、ここにこんな人がいる、あんな人がいる、と、

 

解釈しながら感じていた光景を、ただ沈黙して感じる。

 

 

そうやって、沈黙の中(今の中)を歩いていると、

 

人々の中に常に備わっている〝神である側面〟が、

 

くるりと向きを変え、僕に向かって一斉に輝きだす。

 

僕の場合、ベールの向こうから神が出てくると、

 

男性も女性も、若い人も年取った人も、怖そうな人も、

 

皆、一斉に〝カッコよくクール〟な感じに見えだすので、

 

すぐに、神が来たあーっ、と解かる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

沈黙とは、今、この瞬間に在る、を見ることであり、

 

そこに留まると神が上がってくる。

 

すると、全てが神の祝福で輝いて見えはじめる。

 

 

そうなると、でっち上げでしかなかった自我の世界など、

 

一瞬にして跡形もなく消え去ってしまう。

 

神を体験された方はもうご存じかと思うが、

 

それほど、神のフォース(力量)は、とてつもなく強力で、

 

隠ぺいしてどうちゃらこうちゃら、などという解釈は、

 

もう瞬殺で凌駕されて行ってしまう。

 

f:id:shusaku1:20200524025452j:plain

👆 これは〝荔枝王〟(ライチ王)という品種 

 

通りがかった果物屋の軒下に、

 

大粒でみずみずしいライチが出ていたので、

 

2ポンド買った。

 

僕の背後から、多謝阿!(ありがとうね)という、

 

果物屋のお姉さんの声が聞こえて来た。

 

瞬間、幸せな気持ちがこみあげてきた。