香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

銀行いろいろ

f:id:shusaku1:20200524025346j:plain

 👆 中国銀行本店のビル 

 

今回の国家安全法の制定は金融にも影響が出ている。

 

香港ドルの価値が下落する可能性が出てきたのだ。

 

それに、中国が金融機関をコントロールし始めれば、

 

香港の銀行や証券会社の自由性も失われる。

 

突然、政府の発令で、個人の財産が凍結されたり、

 

株の売買が停止される可能性もある。

 

国際通貨である香港ドルは米ドルにリンクしているため、

 

これまで米ドルと同じく、信用度の高い通貨だった。

 

しかし、ここへ来て、市民の人たちはこぞって、

 

香港ドルを売り、米ドルなど別の通貨を買い始めた。

 

f:id:shusaku1:20200509145724j:plain

 

僕の給料は全て日本の口座に日本円で支給されるので

 

問題はないだろうと思って悠長に構えていたら、

 

香港上海銀行のユニット株を香港ドルで保有していた。

 

これは、2000香港ドル分の香港上海銀行の株を、

 

毎月買い続けてゆくというもので、15年ほどやっている。

 

2000香港ドルは口座から自動的に引き落とされる為

 

自分でも毎月株を買っているという意識は無く、

 

老後を過ごす貯えになれば、くらいの気持ちでいた。

 

※2000香港ドル=約28,000円

 

 

しかし、香港ドルがいつ崩壊するやも知れず…、

 

という状況の中、僕の心はざわついた。

 

すぐに銀行へ行き、株を解約して米ドルに換金するか、

 

それとも、一時の変動に迷わされず、このまま毎月、

 

2000香港ドルで株を購入し続けるか、迷ったのだ。

 

 

エドワードに訊けば、すでに生活費以外の現預金は、

 

全て米ドルに替え、英国系の銀行へ移したという。

 

もう一人の日本人に訊けば、

 

私立に通う二人の子供の学費の支払いが大変すぎて、

 

心配になるような財産なんか無い、と言われた。(笑)

 

 

とりあえず仕事を抜け出し香港上海銀行へ行ってみた。

 

プレミア専用の待合室でアドバイザーの順番を待つ。

 

ソファに腰を下ろし、向かいの中国銀行の方を見れば、

 

中国系の銀行を信用できない人々でごった返していた。

 

規制がかかる前に預金を引き出そうとしているのだ。

 

f:id:shusaku1:20200525232408j:plain

 

この世界は夢で、起こってすらなく、故に罪も恐怖もない

 

と真に理解していたとしても、お金をどう管理するか、

 

子供をどの学校へ入れるか、支払いをどうするか、など、

 

肉体を持って夢の世界にいる僕たちは、それでも、

 

毎日の日常の中で様々な決定をしなければならない。

 

こんな時、起こってない、世界は無い、とやってしまうと、

 

僕の場合、何も決められなくなってしまうので、

 

先ずは、今への抵抗をやめ、沈黙するようにしている。

 

 

と、そんな感じで順番を待っていたとき、

 

「あ、俺、今、金銭(=神の平安)を失うことを恐れている」

 

と思った。 恐れているから、迷っているのだ、と…。

 

 

自分は間違った解釈をして、間違ったものを感じている。

 

 

とりあえず、沈黙する。

 

解釈して感じるのではなく、沈黙することで感じる。

 

僕の中の〝本当に無い〟ことを知っている聖霊と在る。

 

やがて、この恐れも神の愛の想いだったことが

 

思い出されてきた。

 

神の想いを、金銭の喪失への恐れ、に〝解釈〟している。

 

で、神を思い出したら、また沈黙(=抵抗しない)。

 

f:id:shusaku1:20200509145632j:plain

 

名前を呼ばれ、アドバイザーの個室に通された。

 

女性アドバイザーに笑顔で迎え入れられた。

 

香港ドルの株を持っているのが不安なので…、と、

 

今日ここへ来た目的を彼女に話した。

 

彼女は僕の口座情報が映るPCの画面を凝視しながら、

 

解約すると15万香港ドルほど損をしますね、と言った。

 

だが、もうこの時の僕は、神の愛の流れの中にいたので

 

恐怖から株をどうにかしようという考えは無くなっていた。

 

ただ、アドバイザーの〝ように見えている〟聖霊と在った。

 

 

「じゃあ、先ず、お客様のスマホに、

 

 株を売買できるアプリをインストールしましょう。

 

 そうすれば、わざわざ銀行へ来ることも無いし、

 

 自分が一番納得できるタイミングで売買できますよ。

 

 今、手放したら、15万ドルも損をした、と、

 

 後で必ずモヤモヤすると思いますから。

 

 それに、ユニット株は、長期で持ち続けることで、

 

 価値が出てくるんです。

 

 あなたは毎月2000香港ドルで株を買い続けてますが

 

 底値になったら、その分多くの株数を購入できるので、

 

 長期的には得なんです」

 

 

多分、僕の口調に躊躇が見て取れたのだろう。

 

これからは、毎日スマホのアプリで、

 

香港ドルの動向を見ながら、

 

ここぞ、と自分が思えるタイミングで手放せばいい、

 

こうアドバイスしてくれた。

 

 

さっすが僕のアドバイザー(兄貴)、よく見抜いている。

 

それから、アプリをインストールしてもらい、

 

使い方を丁寧に教わってから、銀行を後にした僕であった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com