香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ガンガンやる

f:id:shusaku1:20200622014910j:plain

 

今日は夏至の日、でもって部分日食の日、でもって新月

 

おまけに日曜日で父の日ときた。

 

今日はトレーナーと筋トレの日だったので外へ出たら、

 

多くの人たちが日食を見ようと空を仰いでいた。

 

それに、父の日だからか、子連れのお父さんも目立つ。

 

今日の香港の気温は34℃、猛暑だ。

 

次回、香港で日食が見れるのは50年後なんだって。

 

その頃の香港はどうなっているのだろう。

 

まあ、多分僕はこの世にはいないと思われ…。

 

(父が待つ故郷へ永遠に帰還済希望!)

 

 

それにしても、夏至、日食、新月ってすごすぎる。

 

なんか、新たなるはじまりっていう感じで、

 

占星術的にはきっと何かあるんだろうな。

 

f:id:shusaku1:20200622015400j:plain


 

話は変わり、自分にとって恐怖を感じさせる人、

 

憎しみを抱かせる人、嫌いという程ではないが、

 

何かと面倒な人、などに相(あい)対したとき、

 

本当は、自分が彼らをそのように見なして断罪していた

 

ことに気づいて以降、僕の人間関係は大きく変わった。

 

 

気づいて、先ず、何をしたかと言うと、

 

彼らがすでに癒されている存在だとして彼らと接する、

 

彼らが初めから愛の存在だったと解かって会話をする。

 

目の前の相手がどんな表現をしてこようと関係ない。

 

見えている兄弟が何を言ってきたって構わない。

 

断固として、絶対に、どんなことがあっても、

 

凛とした強さを以って、彼らは完璧に癒されており、

 

完全な愛だと認めて相(あい)対してゆく。

 

もちろん最初は、無理やりそう思い込むだけでいい。

 

コツは、心の中だけでそのように思うのではなく、

 

実際にそのように相手と話し、行動するのだ。

 

何よりもまず、自分が変わろうとする意志を優先させ、

 

相手がどうであろうと、とにかく根性でガンガン行く。

 

意識に教え込むには、忍耐と根性が必要なのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そうこうしているうち、

 

「あれ、なんか最近、あの人、優しくなったみたい」

 

「えっ、あの人が自分を助けてくれた?気持ちわるっ!」

 

「うわっ、みんな愛で輝いているように見える!」

 

というふうに周囲が変わり始めるか、本人がいなくなる。

 

 

外の世界は、自分の心の中を映し出しているので、

 

なにはともあれ、

 

自分の見ている世界が優しくなることが先決だ。

 

それは、自分が自分の心を責めなくなった証拠であり

 

そこに神が在ることに気づく第一歩となる。