香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

背後だけでやってます

f:id:shusaku1:20200819013135j:plain

👆 台風通過中。暴風雨の一夜

 

今週は、月、水、金、の出勤である。

 

で、今日は在宅勤務であった。

 

それでも色々資料をまとめたり忙しかった。

 

夜になって、なんかすごい風雨だなあ、

 

と思っていたら、台風が通過中だという。

 

明日は、会社が休みになるらしい。

 

でも、すでに在宅なので関係ない。

 

f:id:shusaku1:20200818223546j:plain

👆 どや!絵、上手いやろ!

 

毎日、一時間くらい瞑想をしているのだが、

 

最近すごく感じるのが、

 

自分の背後に内面(心の中)の世界があり、

 

その背後をどんどん突き進んでいくと

 

現実のスクリーンの裏側にたどり着く。

 

自分の背後の世界と、前方に見えている

 

現実のスクリーンの裏側が、

 

ドーナツの筒のように繋がっており

 

例えば、背後の世界(内面/心の中)で

 

愛を感じれば感じるほど、

 

それが背後のドーナツの筒を通って、

 

前方の現実のスクリーンの裏側から、

 

自分が発した愛が、ぐわんとにじみ出てきて

 

スクリーンに登場してくる人や景色が、

 

とても愛で輝いているように見えるのだ。

 

f:id:shusaku1:20200815233143j:plain

 

本当に、自分のつたない文章で、

 

この見え方が伝わるかどうか疑問なのだが

 

自分の前方に見えている世界の中に、

 

自分の内面(心の中)の想いを発見する。

 

 

また、別の角度から見ると、瞑想中、

 

意識を背後側(内面)へ反転させていると、

 

真正面に瞑想している自分の姿が見える。

 

それはちょうど、

 

他者が自分を見ている視点と同じである。

 

 

なので、

 

内面が変わると外側が変わる、とか

 

内面で自我を選べば、外に自我が投影され

 

兄貴を選べば、外に神が反映されてくる、

 

というのはこういうことか、と納得できる。

 

 

僕たちが取り下げた個の想い込みが、

 

聖霊兄貴によって削除されていくにつれ、

 

僕たちの内面(背後)にハートが復活し、

 

神が思い出されてくる。

 

その神の想いはやがて、背後の筒を通って

 

前方の兄弟たちや風景や出来事から

 

自分へ向かって放射されてくる。

 

その感謝や感動の想いが、再び背後へと

 

流れてゆく。これが愛の循環なのだ。

 

f:id:shusaku1:20200815233040j:plain

 

自分対世界、自分対他者、といった、

 

前方同士で世界を見ていた時は、

 

私とあなたはこんなに違う、

 

あの人に比べて私は、という比較から、

 

無価値観や罪悪感が生まれ、肉体同士で

 

裁いたり裁かれたりして、闘っていた。

 

 

しかし、背後同士(内面同士)で見れば、

 

背後の自分が、他者の視線を通して、

 

自分を見ているように感じられてくるので、

 

全部自分が作っているというか、

 

ひとつの意識だけでやっているというか、

 

究極自分一人でやっているというか、

 

自分すらいない、ように感覚化されてくる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

背後をぐるりと回って他者へたどり着く。

 

後方同士で繋がる方向性こそが、

 

故郷へと戻ってゆく方向性であり、

 

意識ってこうやって癒されてゆくのだな、

 

と思う今日この頃である。