香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の循環

f:id:shusaku1:20200819233043j:plain

👆 昨日よりさらに絵がグレードアップ!

  昨日の絵にあったトンネルの筒が消え

  神(天国)と同化しつつある、

  ということを表現したかった。

 

 

昨夜から台風が通過していた香港では、

 

今朝11時まで、

 

自宅待機を示すシグナル8が出ていた。

 

本来なら、僕も出勤の日だったのだが、

 

正午になっても風が強かったので、

 

結局、そのまま在宅勤務となった。

 

それに、ここのところ、香港は寒い。

 

夜なんて、23℃くらいなので、

 

クーラーを停め、スウェットで寝ている。

 

f:id:shusaku1:20200815232835j:plain

 

もう身体の内側で(背後で)、

 

愛してる、いい感じ、大好き、ありがとう、

 

穏やか、善良な感じ、よろこび、

 

を感じていることが、今の僕がやるべき、

 

唯一の仕事となりつつある。

 

そのために、この夢の世界を使う。

 

美味しい食べ物、お気に入りのワイン、

 

田舎の散策、筋トレ、マッサージ、

 

好きな友人とのお喋り、見知らぬ人の笑顔

 

〝大好き〟をどんどん心へ送り〝返す〟。

 

すると、目の前のスクリーンから、神が、

 

〝倍返し〟で、愛してるーっ、を返してくる。

 

これが、意識を癒すことであり、

 

心(実相世界)を思い出す原動力となる。

 

 

もちろん、仕事中など、

 

前側同士(肉体同士)のやり取りに没入し、

 

なんか言っちゃったり、やっちゃったりして、

 

不安や恐怖を感じてしまうことも多々あるが

 

それでも、自分を絶対に責めずに、

 

「あ、もうこんなん、要らんわ!」と、ただただ

 

湧いてくる罪悪感を、消えるに任せてやる。

 

 

そうやって、愛の循環が始まると、

 

断捨離後の部屋のように、

 

現実のスクリーンの景色も整えられ、

 

様々なことが、うまくいくようになる。

 

まあ、一なる意識というか、別の意味では、

 

全て自分一人でやっているので、

 

意識が愛で満たされれば、夢の世界も、

 

優しいものになるのは当然である。

 

f:id:shusaku1:20200815232707j:plain

 

こう書くと、悟り系の人たちから、

 

現実をよくするためではないんですよ、

 

まだ、その先があるんですよ、

 

と言われそうだが、

 

現実が良くなったら、余計なツッコミはせず、

 

ラッキー!幸せーっ!ありがとうーっ!と、

 

抵抗せずにそのまま循環させていればいい。

 

 

また、スピ兄弟の中には、願いが叶ったり、

 

物事がうまくいったり、褒められたりすると、

 

ナゾの罪悪感を感じてしまう人が多いが、

 

うまくいっても、いかなくても、神は在る、

 

のだから、心配せずに、そんな時は、

 

とりあえず、鏡の前で、万歳をしながら、

 

小躍りして喜んでみるとか、

 

実際、助けてくれた相手に、

 

有難う、と感謝の意を素直に伝えるとか、

 

先ずはカタチから入るのも手だ。

 

 

もう、どんな手を使ってでも、前側ではなく、

 

後ろ側(内面/心の中)を、

 

大好きで満たしてやること、それが、

 

故郷へ帰る為にする唯一の仕事でもある。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ただ、僕の経験上、愛の循環というのは、

 

ドーナツの筒を通り抜けて、

 

現実のスクリーンに到達するまでに、

 

ある一定のタイムラグがある気がする。

 

そういう意味で、スクリーン(現実)は、

 

すぐには、パッ、と変わらないので、

 

出来事ばかり気にしても意味は無いかも…。

 

 

というわけで、もう完全に、

 

目に見えない世界だけで生きている、

 

今日この頃のボクである。