香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

大好きを拒否って…

f:id:shusaku1:20200831002225j:plain

 

というわけで、今日は日曜日。

 

家トレをしたり、テレビを見たり、

 

小説のプロットを整えたりして過ごした。

 

夕方、いつも行く階下のカフェで、

 

白ワインを飲みながらアニタの本を読んだり

 

広東語の発音練習をしたりした。

 

と、突然、無性にカレーが食べたくなり、

 

食べに行った。

 

こういう、思いついたことを、うだうだーっ、

 

とやるのって、なんか心地いい。

 

f:id:shusaku1:20200831002213j:plain

 

他の人はどうか分からないのだが、

 

僕にとっての〝何もしない〟は、

 

〝抵抗しない〟を意味しており、

 

内側(背後)の世界のみのことを言っている。

 

 

実際、肉体レベルや行動レベルで、

 

判断しない、解釈しない、何もしない、

 

となると、歯も磨けないし、仕事もできない。

 

だから、肉体としては、ちゃんと頭で考え、

 

どうすればいいかを判断しながら行動する。

 

ただ、その肉体レベルで行動した結果、

 

どんな感情が生まれて来たとしても、

 

背後の世界では一切〝何もしない〟のだ。

 

 

明日の会議怖いよー、心臓びゅんびゅん、

 

何を言われるかな、みぞおちバクバク、

 

アイツの言い方腹立つーっ、胸がムカムカ、

 

(音無可憐風で…、今再放送中、なのだ!)

 

こんなとき、このびゅんびゅん、バクバク、

 

ムカムカに対して一切何もしない。

 

今、この瞬間に在る神に一切抵抗せず、

 

この胸糞悪い感情を背後へ送り続けると、

 

背後の〝全一〟によって愛に昇華される。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

これはあくまでも僕の場合だが、

 

そういった、バクバクやムカムカは、

 

なんていうか、片思いの人に対して抱く、

 

恥じらいというか、好きの裏返しというか、

 

キュンキュンやドキドキとして捉えられる。

 

本当は好きで好きでたまらないくせに、

 

いざ、相手がこっちへやってくると、

 

怖すぎてパニックになる感じになる。

 

大好きな安室ちゃんが突然、こんにちは、と

 

家へやってきたら、ぎゃーっと怖くなって、

 

ドアを閉めてしまった、みたいな…。

 

 

僕たちはいきなり神に出会うと、

 

怖くなって反射的に拒絶してしまう。

 

だから、

 

何もしない=抵抗しない。