香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

オツトメこわい

f:id:shusaku1:20200913021710j:plain

 

今日は、トレーナーとの筋トレを終えた後、

 

日本人の友人とディナーをするため、

 

セントラルのSOHO地区へ向かった。

 

 

長いセントラルエスカレーターを上ると、

 

お馴染みのスタントンバーが見えてくる。

 

昨日から4人での会食が解禁となり、

 

SOHOの通りは多くの人で賑わっていた。

 

今回は友人が、ソウルフードタイという、

 

タイ料理レストランを予約してくれていて

 

到着すると、店内はほぼ満席だった。

 

f:id:shusaku1:20200913021724j:plain

 

夕食を共にした友人はあの、

 

怪しいハノイの宝石商佐藤氏の友人

 

長年香港に住んでいたのだが、

 

今回、香港撤退を決めたのだという。

 

聞けば、以前は3万人ほどいた、

 

香港在住の日本人は、すでに、

 

7000人台にまで減っているらしく、

 

反中国デモ、国家安全法の成立、に加え、

 

コロナ禍も重なって、多くの香港在住日本人

 

の人生を左右している。

 

そして、それは僕も例外ではない。

 

f:id:shusaku1:20200913021802j:plain

 

f:id:shusaku1:20200913021738j:plain

f:id:shusaku1:20200913021750j:plain

 

僕は、収入が減ったり、仕事を失ったり、

 

とかはなかったが、それでも、

 

お籠りの時間が増えたことで、じっくりと、

 

自己の内面と向かい合うことができた。

 

 

なにより、

 

背後に流れる、無限の全体の力を知れば

 

点のような世界には到底存在できなくなり、

 

会社や上司や家族を喜ばせるために、

 

一日の大半を費やして働くことが、

 

どうやっても困難になってくる。

 

 

また、逆に言えば、

 

どうしてもオツトメがキツクて、

 

続けられなくなったのなら、

 

ああ、本当の自分で生きる時期なのだな、

 

と見ていい。

 

 

まあ中には、大きなプロジェクトを任され、

 

バリバリ仕事に没頭する人もいるだろう。

 

しかし、何十年もやってきて言えるのは、

 

上司の評価で価値が決まる組織の中で、

 

真に自分を表現して生きるのは不可能だ。

 

なぜなら、企業という組織は、はなから、

 

愛で生きよう、などとは考えてもいない

 

人たちの集団であるからだ。

 

そこへ、背後の無限の全体を体感した人が

 

ひとりポツンと、その集団に入って、

 

やっていくのはあまりに酷である。

 

f:id:shusaku1:20200913021610j:plain

 

以前の僕もそうだったのだが、

 

どんな境遇であっても赦すだけだ、とか、

 

世界は幻想なので会社も幻想だ、とか、

 

起こってないので外側はただ見過すだけ、

 

と、会社を強制天国帰還道場のようにして、

 

出てくるものをガンガン赦し続けていた

 

時期があったが、それもまた、無限の全体、

 

神の想いに気づくためだった、と、

 

今なら理解できる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

こうやって、友人の新たな門出を祝福し、

 

シャンパンで乾杯した楽しい一夜であった。