香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

今と、背後と、兄貴の国

f:id:shusaku1:20200906010512j:plain

👆 シティスーパーのトミカコーナー

 

 

今、この瞬間に、背後(見えない世界)で、

 

父や兄貴と共に在る時間が長くなるにつれ、

 

過去や未来に右往左往しながら、

 

前側(頭/思考の世界)で、

 

無数の肉体と共に過ごすことが、

 

心底ウソだと確信できる今日この頃である。

 

 

「ほれほれ、ここは緊張するところやろ」

 

「ほれほれ、アイツ、あんなこと言うとるでえ」

 

「ほれほれ、悲しいなあ、くやしいなあ」

 

「ほれほれ、お金もう無いで。どうすんねん」

 

「うわっ、お前、もう、終わってるやん!」

 

 

自我の囁きがなぜ関西弁なのかはさておき、

 

完全に背後の王国がリアルそのものになると、

 

出来事に反応して出てくる自我の囁きに対し、

 

あ、これって、自分が思っているのではない、

 

自分でこう思おうと決断したのでも何でもなく、

 

ただ、勝手に湧き上がって来てるだけだ、と、

 

冷静に、クールに、淡々と、認識できてくる。

 

 

こんな時、僕はいつも、脱力するように、

 

冇問題(モウマンタイ)、と呟いてから、

 

ソッコー背後の兄貴へとモードを切り替える。

 

冇問題とは、

 

広東語で「問題ない」という意味で、

 

〝有る〟という文字の横線二本を取って、

 

〝無い〟という意味の漢字になる。

 

f:id:shusaku1:20200906010458j:plain

 

買いたかったお弁当が売り切れていた。

 

人前でしどろもどろになってしまった。

 

旦那(奥さん)のあの態度、なんやねん。

 

 

これらに一体何の問題があるのか、

 

完全に冇問題(モウマンタイ)ではないか、

 

自分の中に神がいると、何の問題もないことが

 

頭ではなく、感覚で理解できてくる。

 

 

 

いま、この瞬間に対する抵抗をやめ、

 

一旦、この〝愛の流れ〟に乗れば、

 

案外、その後は自動的に、パパパ、と進む。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

とまあ、

 

そんな感じの毎日を送っているボクであるが、

 

来週の5連休はやはり、ネットやスマホを遮断し

 

完全お籠り24時間創作三昧で行くことにした。

 

しかし、5日間丸々はきついので、

 

最初の一日にいろいろやりつくし、

 

残りの4日間を完全お籠りとすることにした。

 

 

さ、これからが秋本番、

 

切なく、秋っぽい映画でも見ながら、 

 

ちょっと物哀しい、秋の夜長を満喫するのだ!